無縁墓

現代日本において少子高齢化、核家族化の傾向は、とどまることを知らず、ますます増加しています。子供がいない、あるいはいても跡を継いでくれない、女の子ばかりである、などの問題に直面している人が先祖代々のお墓に入れば、その後には参ってくれる人がいないということになってしまいます。

しかし、参る人のいなくなったご先祖様のお墓を放置しておけば、やがては草や木がが生え、お墓の石も傾き、惨めな姿になってしまいます。このようなことになってしまったらご先祖様もさぞや嘆き悲しまれることでしょう。

跡取りのいないということは仕方のないことですが、それ以上に「お墓をどうするか」という問題は深刻なもので、お墓を自分の代で終わりにするということは、子孫の繁栄を願ってお墓を建立したご先祖様に対して、裏切ってしまったような申し訳ない気持ちにもなってしまいます。

何とかご先祖様にも納得してもらえるような良い方法があればと思って、探してみてもなかなか解決策はありません。かと言って誰かにお墓参りを委託しようにも簡単に頼めるようなことではありませんし、引き受けてくれるような人はいないでしょう。

お墓は本来、次に入るべき人がお参りするものなのです。

お墓にお参りする人がいなくなってしまう場合には、残念なことではありますが、お墓を片付けるしか方法はありません。

永代供養という方法もありますが、永遠に供養してくれることではありません。莫大な金額が必要なうえ、必ず期限付きですので、よく確認して、それに納得出来たら良いと思います。

個別ではなくなってしまいますが、合同祀という選択もあります。

永代供養や合同祀にしてもお墓を片付ける必要があります。

子孫の繁栄を願ってお墓を建立してくれたご先祖様には、自分の代で終わることをお詫びするとともに、感謝の気持ちを込めてお墓の片づけをさせて頂くことが「墓じまい」なのです。

墓じまいしたご先祖様のお遺骨は

散骨エンター樹木葬エンター合葬墓エンター 喉仏供養エンターなどの選択肢から選ぶことになります。

とは言っても分からないことだらけです

NPOの無料相談ご利用くださいエンター

墓じまいの仕方

墓じまい

散骨などの理由でお墓を整理するにはまず、お墓を管理している寺院や霊園に撤去の旨を申し出て、書類上の手続きをする必要があります。

公営の霊園などは手続きはスムーズにいきやすいですが、寺院などでは管理料が入らなくなることを嫌って、無理な解約料を請求することがありますので、ご注意ください。また永代供養を強要することもありますが、基本的な考え方は「ご先祖様のお遺骨を管理料を払って預けている」だけですので、返してもらうことは当然のことです。

墓石にしても借地の上に石を置いているだけですので、石は処分して、土地は更地にするだけのことです。

お墓を整理する理由を聞かれることがありますが、「お遺骨を家に持ち帰る」という理由では通用しません。

現在の所、一旦納骨したお遺骨を取り出すには「改葬」しかありません。改葬とは、現在あるお墓から別のお墓にお遺骨を移すことで、お墓の引越しという考えしかないのです。

ここでくじけてしまう方がほとんどで、要するに霊園などの次の「改葬先」が無いとお遺骨を取り出せない仕組みになっているのです。

しかし、やすらか庵では改葬先の受け入れ所として「受入証明書」を発行することが出来ますので、ご安心くださいませ。

お遺骨の受入証明書や改葬許可証が無いとお遺骨は出せないと言われることがよくありますが、やすらか庵で粉骨や散骨を利用される方には受入証明書を発行いたしますので、改葬許可がスムーズにいきます、どうぞご利用ください。

受入証明書があると、意外と話はうまくいったという事例がたくさんあります。

書類上の手続きが済んだらお遺骨を取り出してからお墓の中を空にして、墓石を撤去し、更地にします。

墓石の撤去などは石屋さんに頼みますが、お遺骨を取り出す時、墓石を撤去する時には僧侶や神主などに拝み込みしてもらうことが必要になります。拝み込みしていないと、石屋さんが仕事を受けてくけない時があります。

墓じまいの料金は石屋さんにとって利益の出る仕事ではないので、思い切り高い料金を出すことが多いですから注意してください。出来れば数社から見積もりを取ることをおすすめいたします。驚くほど差が出ることがよくあります。

やすらか庵では墓じまいも承っておりますのでご相談ください。墓じまいから散骨まで外注せずに全ての工程を施工することが出来ます。

正しい墓じまい

最近は「墓じまい」という言葉をニュースや新聞などでよく聞きますが、墓じまいとは、跡継ぎがいないなどの理由でお墓を撤去することです。

子供がいない、いても女の子ばかり、跡継ぎはいるけれど、遠方に住んでいるなどの理由で、先祖からのお墓を管理していくことが出来なくなる方がたくさんいらっしゃいます。

少子高齢化が進む現代において、お墓をどうしたら良いのか悩み続ける方が、今後ますます増えていくのです。

お墓はそのままにしておけば間違いなく無縁仏になってしまいます。無縁仏になってしまうのがご先祖様にとっての一番の悲劇です。無縁仏になってしまう前に手を打っておきましょう。綺麗に片付けるということも一つの選択肢です。

今の時代は個々の家が絶えてしまうことより、青い地球や人類が絶えてしまわないことの方が大切です。

墓じまいとはお墓を片付けることですが、正しい墓じまいとは、ご先祖様にはお礼の気持ちを手向け、丁寧に片付けさせて頂けばご先祖様も必ず納得してくださいます。

お参り出来なくなったお墓
お墓はお参り出来なくなると荒れ果てていきます

お墓の撤去前
撤去前

お墓の撤去後
撤去後

お墓を撤去するだけのことですが・・・

お墓の撤去

お墓の撤去は、お墓から遺骨を取り出してお墓を解体し、更地に戻すだけのことで簡単なことのように思いますが、実はここに至るまでの過程が大変なことなのです。

寺院の場合

寺院のお墓の場合には離壇されては困ることから高額な永代供養をすすめられたり、高額な金額の要求など無理な要求をされることが多く、散骨するために墓じまいする、などの理由を述べると、散骨は違法だとか、先祖が成仏出来ないと言われた方もおられます。

住職がまともに話に取り合ってくれないこともあります。

また、お墓から取り出すお遺骨の搬出先が自宅である場合には、受入証明が無いと駄目だと言われることもあります。

墓じまいを依頼する石材店にしても、寺院と提携している石材店しか入れないことが多く、見積もりを頼んでも、これまた高額な金額を出したりして、寺院での墓じまいが最も困難です。

しかし、困難だからと諦めてはいけません、強い意志で望めば、必ず成就するものです。

お寺の問題でお困りの方必見

墓じまい-寺院の場合エンター

公営や民間の霊園の場合

公営や民間の霊園では、

引越しに伴うお墓の移転などの明確な理由があれば問題ありませんが、散骨するなどの理由で、墓じまいする場合には、市役所への届出が必要とか、「改葬届け」や「受入証明」がないと出せないと言われることもよくあります。

市役所の届出にも受入先を記入する必要があります。受入先は自分の家では駄目で、墓地か霊園でないといけません。

ここで皆さん、くじけてしまいます。

しかし、やすらか庵はお遺骨の受け入れ所であり、受入証明も発行出来ますので、ご安心ください。

もっと詳しく知りたい方は

墓じまい-公営霊園の場合エンター

墓じまい-民間霊園の場合エンター

墓じまい-共同墓地の場合エンター

墓じまいの流れ

墓じまいの話し合いがうまくいった場合の流れです、実際の墓じまいは、ここにたどり着くまでに相当な時間がかかります。

  • お墓の管理者にお墓の解約、撤去申請
  • 受理
  • 石材店の複数見積もり(下見をしてもらわないと正確な金額は出ません)
  • 石材店を決定
  • 工事日を決定
  • 仏式のお墓は事前に抜魂読経供養とお遺骨の取り出し
  • お墓の撤去
  • 整地
  • 完了

工事の前に僧侶や神主にお墓のお清めをしてもらい、その時に石材店にお墓の蓋を開けてもらって遺骨を取り出してもらい、水抜きや骨壺の清掃をしてもらって、骨壺を風呂敷に包んでもらいます。

石材店の見積りについて

石材店

石材店としては、新規にお墓を建立することが最も利益の高い仕事で、購入後にも仕事があることを思えば、サービス満点で仕事してくれますが、お墓の処分だけの仕事は、これで終わりの仕事ですから、あまりやりたくない仕事なのです。

そういう意味では、これで最後の客からは、取れるだけ取れという心理が働くものです。

料金も1山いくらの大雑把な料金だったりしますので、必ず複数の石材店から見積もりをもらうようにします。

作業する立場から見ると、お墓の傍に車が入れるかどうかで、見積もりの金額が変わってきます。

車からお墓までの途中に階段があったりすると機械が入りませんので、人海戦術となり、高くなってしまいます。鉄筋入りの基礎がしてある場合も高くなります。

見積もりに入っているか確認するべきことは

  • 墓石撤去費用
  • 基礎撤去費用
  • 重機使用の場合にはその費用
  • 作業人夫の数
  • 作業時間
  • 墓石処分費用

石材店にはお礼は必要ありませんが、

良心的な対応の場合には、1万円程度包んでもよいかと思います。

お寺の場合に別にかかる費用

  • 通常は事前に読経してもらう読経料が必要になります
  • 更に御礼が必要になることがあります
  • 石屋さんからもお寺にお礼を包みますので、その分工事費に上乗せされています

都市部でのお墓撤去費用の相場

都市部の公営や民間の霊園では、石材店に支払う費用は、1㎡あたり10万円位と思ってください。

お寺の場合には、お布施や御礼などがあるために、一概には言えません。

墓じまいの費用についてさらに詳しく ・墓じまいの費用エンター

墓じまいの手続き

墓じまいをする前に、お墓の解約や改葬許可申請書などの書類的な手続きを済ませておく必要がありますが、

墓じまいでの改葬の手続きと方法エンター

で詳しく書いてありますので参照してください。「改葬許可申請書」とは、お遺骨の引っ越しを役所に届けるものですが、散骨したいと思っていたら、次の受入先の記入に困ってしまいます。自宅の住所ではダメなのです。

墓じまいして散骨エンター

が参考になります。

NPO法人やすらか庵の墓じまい

墓じまいに関しては、事前の話し合いに始まり、届出や受入証明書が必要であったりして、とても面倒なものです。

石材店にしても、決まった金額を表示している業者は、ほとんどありません。車で横付けし、クレーンで積み込むだけの簡単なお墓もあれば、途中に階段があるために、人の手でしか持ち出せないお墓もあるからです。必ず下見をして、見積もりを出すことが必要になります。

あまり知識がないままに任せてしまうと、結局は法外な金額を請求されることがあります。

また、石屋と提携して仕事を丸投げし、手数料を取るような業者は意思の疎通が取れていないことが多く、無責任な仕事だったりしますので、気を付けた方が良いと思います。

私は、それが嫌で全て自前でやっております。

やすらか庵では受入証明書を発行出来ますので、改葬許可の手続きがとてもスムーズに進みます。私が僧侶ですから、お墓を拝むことも出来ます。

どんなことでもお気軽にご相談ください。

墓じまいの案内

NPO法人やすらか庵では実際の墓じまいエンターの施工を多数行っており、多くのノウハウを持っております。

墓じまいでお困りの方は、長年悩み続けた方が多く、無事に解決すると、肩の荷が降りたと、喜んで頂いております。

墓じまいから散骨、永代供養まで外注無しで、全て一貫して施工いたします。

料金にしても明確で安価な料金で対応させて頂いております。

墓じまい カニクレーン 墓じまい ユンボ

今あるお墓の墓じまいがいくら位かかるか知りたい方は ・墓じまい簡易見積エンター

実際の見積を頼みたい方は ・墓じまい無料見積エンター

無縁仏がさまよっている!彷徨う無縁仏-墓じまいの大切さエンター

代表が僧侶であること

墓じまいに関しては、書類的な手続きや親族間との話し合い、霊園、寺院との交渉など解決していかなければいけないことが多く、後になって後悔しないためにも、各方面の専門的な知識と知恵、経験が必要です。その点、やすらか庵では代表が僧侶をしていますので、安心して任せることが出来るのです。

墓石の再生利用

やすらか庵では、墓じまいでお引取りした墓石やコンクリートを全部自前で再生し、出来上がった砂利などはやすらか庵内で使うのはもちろんのこと、お寺の駐車場などに寄付しています。

墓石は大きくて重たく、加工しにくいので、時間と手間を惜しむ業者が不法投棄しているニュースが多く取り上げられました。

永遠の子孫繁栄を願って造られたお墓が、まさか取り壊されるなんて想像もしなかったようなことが、現実問題として、皆さん明日の我が身になっているのです。

不要になった墓石を厄介者として捨て去るのではなく、新たな命を吹き込んで役に立ってもらうことこそ、最大の供養なのです。

砂利やビンコロ石などは全て私達が汚れて汗を流して作ったものです。

無料で差し上げていますので、どうぞご利用くださいませ。

墓じまいをする人は自分の最後も考えること

墓じまいをするということは、大抵は跡継ぎがいないなどの理由であり、跡継ぎがいないということは、自分の最後もよく考えていないといけない、ということになります。無縁仏になってはいけません、

やすらか庵では、こういったことを含めて対応させて頂いております。

実は墓じまいと言っても、お墓を片付ければ終わりというものではありません、お墓の中のお遺骨をどうするかという大切な問題があり、お遺骨をどうするかということ、そして最後に自分をどうするかということが必ず繋がっているのです。

ご先祖様と自分の問題は全く別のことではなくて、同じことなのです。最後の最後まで安心して生きていけることが、墓じまいの究極の目的です、

皆様の悩み、苦しみを取り除いて、生きる希望へと繋げることが私達の使命でございます、

まずはどんなことでも結構ですから、ご相談ください。

世の中、騙したり騙されたりで誰も信頼できるような人は、なかなかいませんが、私は人の事だけを考えて行動することが使命ですので、仕事の関係ではなくて、良き友であればと思います。

親子であれ兄弟であれ、特にお金のことに関しては裏切られてバラバラになってしまうものです、良き友というものは、自分の利益のためではなくて、他の利益のために行動する人のことです。

まずは何でもご相談くださいませ

相談専用電話 043-228-1480 私清野徹昭がお答えさせて頂きます。

無料相談エンターメールもご利用ください

よくある質問-墓じまいエンターはたくさんの質疑応答があります、役に立ちますよ。