受入証明書

受入証明書とは

お墓の引っ越しをする時には、お墓の名義を持った人が、現在のお墓の管理者と引っ越し先のお墓の管理者の了解済みということで署名捺印された改葬許可申請書を役所に提出する際に、引っ越し先(受入先)の管理者が間違いなくお遺骨を受け入れしますよということを証明する書類です。

改葬許可申請書には受入先の署名捺印がありますので、受入証明はさらにその信用性を補填するものであり、役所によっては不要の場合があります。

また、受入先の霊園の契約証明書などで代用することもあります。

墓じまいして合葬墓に移したり、永代供養する場合などでも必要になることがあります。

受入証明書の形式

受入署名所には現在の墓地に埋葬されている亡き人の名前、住所、戸籍、没年月日、年齢などを記し、間違いなく受入する旨の記述があります。

受入証明書が必要な時

改葬許可申請書は今あるお墓の管轄の役所に提出しますが、受入証明書が必要な場合には改葬許可申請書に明記してあるか、事前に説明がありますので、よく調べておくことが大切です。

散骨での受入証明

散骨は改葬ではありませんので基本的には改葬許可申請書の提出はありませんが、寺院や霊園の管理事務所から改葬許可申請書の提出を求められた場合には、散骨する業者の証明ということになりますが、あまり信頼の無いような業者に頼みますと、却下されることもあります。

NPO法人やすらか庵の受入証明

国の認証機関としてのNPO法人であり、墓じまいから散骨までの問題に取り組んでいますし、樹木葬や合葬墓などのメニューもありますので、安心して依頼することが出来ます。