親心

都会もしくは都市部で生活している者にとって、今の時代、お墓というものは50年も経てば、ほぼ確実に後継者が居なくなっています。親、子供、孫と続いている家系でも、皆が別々の所に暮らしているのですから、一族のお墓というものは必要ありませんし、個々のお墓であっても継承する人がいなくなるのです。

散骨と墓じまい

後継者がいないか、居なくなる可能性のある人は墓じまいをして、後継者不要の樹木葬、合葬墓、散骨などを検討しましょう。

現代の埋葬

土に還る納骨法-骨壺不要-お墓の中に散骨を!

後継者の居ないお墓は負の遺産となり、おまけにコンクリートに囲まれたカロートの中の骨壺に納められた遺骨はたとえ千年経っても絶対に土に還ることはありませんので、墓じまいしても遺骨の持って行き場に困るのです。

現代のほとんどのお墓は単なる遺骨の保管場所になってしまっています、百年経っても千年経っても骨壺の中に入った遺骨は最後には必ず持って行き場に困ってしまいます、お墓は国家公認の遺骨の埋葬場所です、いますぐに骨壺から出して墓の中に散骨するか、もっと良い方法は粉骨してお墓の中に埋めて自然に還せば良いのです

土に還らないお墓は遺骨の保管庫です、東北では当たり前、お墓で散骨だ!…土に還る納骨法エンター

確実にそうなるのが分かっていれば、最初から散骨か後継者不要の樹木葬にしておくべきです。

肩の荷が降りた! NPO法人やすらか庵の墓じまいでお墓の悩みを解決しよう!!!エンター

後継者の居ない方は…海に、山に散骨エンター

ご先祖様のお墓のある人は…墓じまいして散骨エンター

東京湾チャーター即日散骨は粉骨も散骨も全て立会い、5名様まで参加で99,800円

NPO法人やすらか庵

墓じまいや散骨、粉骨などの葬祭サービスは届け出制や許認可制では無いために悪徳業者が横行していますのでご注意ください、激安価格サイトは要注意です。NPO法人やすらか庵は国の認定を受けた団体であり(法人番号1040005019147)、行政が認めた有償の市民サービスです。代表が僧侶ですのでどのような困難な問題でも解決してきました。そのユニークな取り組みは「NHKクローズアップ現代+」、「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」、「あのニュースで知って得する人損する人」などの多数のメディアで取り上げられました。

クローズアップ現代-墓じまい

無縁仏が増えている

我が国では少子高齢化、人口の減少が進み、家族制度が崩壊していくと共に、後継者がいない方が増え続け、家やお墓を継ぐ人がいないので、空家、無縁墓も増え続けているのです。

死後に残すもの

後継者がいない方は、家やお墓のこと、そして最後は自分自身のことも考えなくてはいけませんが、どのようにしたら良いのかという解決方法が見出されなくて困って悩み続けるままに日々が過ぎていくのです。この悩みは年齢を重ねるごとに深くなり、生きる指標を無くしてしまいます。

多磨霊園-合葬墓

NPOとしての活動

NPO法人やすらか庵はこういった問題でお悩みの方の解決のお手伝いのために、散骨、粉骨墓じまい樹木葬合葬墓、生前予約、終活などの支援活動をしており、代表が僧侶であることと、外注ではなく全て独自の取り組みであることが特徴です。

補助金の無い活動ですので、必要な費用は頂きますが、寄付金と収益は、生活保護受給者や激甚災害被災者の方への無料散骨の提供、無縁仏の供養などに使わさせて頂いております。

私達は、今の時代に日本と言う国に生まれ、諸外国と比べても安心で快適に暮らすことが出来るという、とても恵まれた素晴らしいご縁を頂いていることに感謝し、こういったご縁はもう二度と無いかもしれないことを思うと、人生の終わり方を考え、終わるまでの間を有意義に生きるべきであるということに気付かなければいけません。NPO法人やすらか庵はこういった気付きの提案もしているのです。

墓じまい-多磨霊園

先祖が勝手に作ったお墓だから自分には責任が無いという考え方もありますが、親が子の幸せを願い、祖父母が孫の幸せを願うのは元々人として備えている他を思う仏の心であり、慈悲の心が最愛の家族に向けられているのです。

自分で後継者が絶えてしまう最後の人であっても、亡き人に対して「ありがとう」という気持ちが持てなければせっかく頂いたご縁を活かすことが出来ません、人は死ぬ瞬間に本当に素直な気持ちになりますが、死ぬ時にようやく素直な気持ちになっても遅いのです、生きている今だからこそ「ありがとう」の気持ちで豊かな心になれるのです。

墓じまい

私達の遠い祖先達も皆、死が身近にあって、地面の上に寝かされたまま犬や餓鬼共に食われる者もいれば、丁寧に埋葬される者もいるけれど、結果としては大地に還るということを延々と繰り返して参りました。

餓鬼草紙餓鬼草紙 東京国立博物館

お墓は本当に必要か

無縁墓

お墓というものは大地に還る場所であり、黄泉の世界の玄関口でもありますが、現代のお墓は大地に還れないお墓になってしまっています。散骨に対して否定的な方もたくさんおられますが、お墓こそ金儲けの材料に仕立て上げ、地球上の諸国の資源を乱開発して高級石材を買いあさり、耐久性抜群で何時までも持ちますよというセールスマンに乗せられて、買ったはいいけれど、買った人の方が後継者がいなくなってしまって、墓じまいという事態になっているのです。

これからの時代、お墓の必要性というものを良く考えないといけません。

また葬儀も然り、大切なものを何もかも抜いてしまって形だけは立派な葬儀にして、僧侶も飾り人形的な使い方では、亡き人をお送りするという大切な目的が無くなりかけています。

天皇の散骨に学ぶ

淳和天皇-散骨

桓武天皇の第三皇子で母は藤原百川の娘旅子で弘仁14年(823)に即位した淳和天皇は、上代より行われてきた葬送の儀式は、権力者の力が大きくなればなるほど盛大に行われ、それにかかる費用と年月は、民衆の生活を圧迫し、苦しめるものになっていたことを憂い、自らの葬儀に関し、「骨を砕き粉となし之を山中に散らせ」と遺詔し、没後は近臣によって遺言通りに火葬をし、遺骨を粉砕して西嶺上山中に散骨されました。

民衆の幸せを願う行為として、とても素晴らしいことであり、こういった明確な目的を持った散骨は、まさに国民の鏡となる散骨であります。私達も自分の為では無くて、人の為にという目的を是非とも持ちたいものでございます。

これからの時代の散骨

時代は「令和」になり、文化や伝統を継承し、家族、民族が和するという思いが込められています。家族というものは、亡き人も含めての家族なのです。今私達は人口の減少や少子高齢化などの問題の進行が進む中で、散骨を行う場合には、亡き人を送ることの大切さや感謝の気持ちを手向けることを忘れてはいけません。

参加する散骨

散骨は亡き人に声を掛けながら儀式を伴ったご奉仕の行として散骨いたしましょう、散骨は感謝の散骨にいたしましょう、葬送の儀です、亡き人をお送りする大切な儀式です、皆で参加いたしましょう。

粉骨も散骨も全部立ち合いで即日散骨が出来るのはやすらか庵だけです、朝10時にお遺骨を持ってやすらか庵に来れば立合い、手作業で粉骨をし、出航場所にご案内、貸切で乗船して散骨を行い、午後1時半には完結いたします。遺骨を預けたりすることがなく、全ての行程に立合いますので最高レベルの安心です。

主に東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城県の方が利用されますが、亡き人をお送りするという目的に特化した散骨は他にはありませんので、全国からお越し頂いております。

参加する散骨

5名様まで参加、チャーター(貸切)、粉骨と散骨を全て立会い…海のチャーター即日散骨エンター

やすらかの森-即日散骨

5名様まで参加、完全個別、粉骨と散骨を全て立会い…やすらかの森即日散骨エンター

手作りの散骨

亡き人をお送りする葬送の儀は、葬儀社に任せてばかりではなくて、自分達の出来ることはご奉仕いたしましょう、葬送の儀においては、楽をしてはいけません、亡き人をお送りするのですから、心と体を使うことです、粉骨は機械は使わずに手作業でいたしましょう。

NPO法人やすらか庵の散骨では粉骨や散骨、お花の準備なども故人様への御奉仕の行として手伝って頂いております。

粉骨は葬送の儀式

亡き人が喜んでくれているのが分かった…立会い手作業の粉骨エンター

儀式を行う散骨

散骨儀式

散骨業者が機械で粉骨した遺灰を持って行って何も言わずに撒くだけでしたら、たとえ綺麗な花を撒いたにしろゴミを捨てることと同じです、こういった散骨業者が散骨の安売り、激安合戦を繰り広げています。格安ランキングなど愚の骨頂、散骨が散骨たる所以は儀式を行うことです、亡き人に対して今何を行っているかを説明することは最も大切なことです。もちろん参加されている方にも説明しますが、亡き人が迷わないことが大切なことです。こういう葬送の基本を知らない散骨業者が氾濫しており、無縁仏を増やすばかりです。

墓じまいと樹木葬

散骨はお参りが出来ませんが、樹木葬はお参りが出来ます、800年の歴史ある寺院で国家公認、埋葬の出来るお墓です、後継者が居ない人が安心して利用できるお墓です。30年間は自分のお墓として使え、30年過ぎますとこちらの負担で合葬墓に移させて頂きます。

お墓が必要でしたら、墓じまいをしなくても良い5万円の樹木葬がおすすめです。5万円で自分や家族用の個別の樹木葬が買えるのなら、買ってさえおけばお墓の心配をしなくて済むし、今あるお遺骨を納骨すれば親族や友人にもお参りの案内が出来るし、何と素晴らしいことでしょう。NPO法人やすらか庵と800年の伝統ある寺院との共同で実現したこれからの時代に対応した樹木葬です。樹木葬