遺骨を食べても大丈夫ですか

答え

大切な愛する人を失ったという悲しみはとても大きいもので、心の中にぽっかりと開いた穴は中々ふさがらないものでございます。亡き人の骨壺をお祀りして、或いは亡くなったペットの遺骨をお祀りして対面していますと、どうしようもない気持ちから、思わず手を伸ばして骨壺を抱きしめて、骨壺の蓋を開け、気が付いてみればお遺骨を食べていた、このような人は意外と多いものです。

気持ちとしては愛おしい気持ちの極致なのです、愛おしくて愛おしくて、たまらない気持ちがそうさせるのですから、悪いことではありません。食べててでも一緒になりたいという気持ちなのです。

基本的に食べても大丈夫ですが、食べて一緒になるよりは、心と魂が一緒になるような訓練をした方が良いと思います。魂の交流には遺骨は不要です。

私達はそもそも生きている者同士であっても、心と心の交流を深める必要があり、これがまさに修行であり、肉体には頼らないことが大切なことなのです。私達は誰かが亡くなってからようやく気が付くのですが、気が付いた時からでも遅くはありません。

遺骨が骨壺の中に入っていることが気になって仕方なかったら、もしくは将来散骨する予定であるのなら、粉骨して小さめのかわいい容器に入れてみれば、食べてしまうという習慣が変わるかもしれません。


まだまだあります遺骨に関する質疑応答エンター

前 遺骨の色が茶色っぽいエンター