永代供養

最近は墓じまいして散骨される方が増えてきましたが、合葬墓に入れたり樹木葬にされる方もおられます。

寺院では墓じまいの時に「永代供養」をすすめられるのですが、ここで言う永代供養とは、合葬墓の事であって皆が一緒に入るお墓のことです。

但し合同になる前に一定期間個別にお祀りしてくれるので、ある一定の期間個別にお祀りして供養して差し上げますよ、というのが永代供養であり、一定期間を過ぎたら合同になることに変わりはありません。

その一定期間がどれ位の期間なのかは寺院によって違い、10年、30年と決めている所もあれば、今の住職一代のような取り決めが個々になされています。

長くて30年と考えれば良いのではないかと思います、それは法事が33回忌で終わるような傾向になっているからです、永代供養は永遠の供養ではありません。

永代供養の金額は数万円~数百万円までありますが、良く内容を確認してから契約しないと、ダマされたと思っても取り返しが出来ません、永代供養にしてしまうと解約も出来ませんし、遺骨も返してくれません。