遺骨の重さはどれ位?

答え

亡き人を荼毘に付して収骨するのに関東と関西では収骨する量が違っていて、関東では全部の骨を灰迄含めて収骨するのに対して、関西では一部の骨しか収骨しませんので、当然骨壺の大きさも違い、関東では大人の方のお遺骨に対して7寸(直径約21cm)の骨壺が標準なのに対して、関西では5寸(直径15cm)の骨壺が標準サイズになります。

この時点で関東と関西ではお遺骨の量が違いますので、平均して関東の大人の方のお遺骨の重さは2~3kgなのに対して関西では1~2kgといった感じになります。

全量収骨する関東の場合で言いますと、お遺骨の重さはそもそも大人か子供かで違ってきますし、男か女でも違いはあり、病気で闘病生活が長かった人は軽く、骨太の人は重くといった個人差があるのです。

骨粗しょう症の人は大変にお遺骨が軽くて脆く、元気な人が事故で亡くなったような場合には大変に思いということがあります。

大変に軽い人でしたらお遺骨の重量は1kgぐらいしか無いこともありますし、重い人でしたらお遺骨の重量はたまにですけれど5kgを超えるようなこともあります。

このお遺骨の重量は粉骨しても変わることはありません、お遺骨を粉骨して皆さんに手で持って頂きますと、意外と重たいと感じるようです。


まだまだあります遺骨に関する質疑応答エンター

前 遺骨を骨壺に入れる理由はエンター

次 土葬の遺骨はどんな感じですかエンター