桜木霊園について

桜木霊園の墓じまい

桜木霊園は千葉県千葉市若葉区桜木1-38-1にあり、総面積は134,469平方メートル、総区画数9,058区画の市営霊園市営霊園で、和式墓地、芝生墓地などがあり、合葬墓も備えています。

桜木霊園の歴史・特徴

桜木霊園は昭和14年11月14日開設であり、平和公園よりも古い歴史を持っています。
昔から千葉で市営霊園といえば【桜木霊園】というイメージでした。
千葉名誉市民や過去の千葉市長記念碑もあります。

料金が安いことや、場所が便利なこと、合葬墓があることなどが特徴です。

特に近年では合葬墓の需要が高く、例えば千葉市平和公園墓地では合葬墓がありませんので、墓じまいした後のお遺骨は桜木霊園に埋葬することになります。

 

桜木霊園の墓じまい

桜木霊園で墓じまいををお考えのお方で、その後のお遺骨の供養の方法として、

  1. 桜木霊園の合葬墓に改葬
  2. 墓じまいして散骨
  3. 墓じまいして樹木葬
  4. 墓じまいして永代供養⇒やすらか庵の合葬墓

などが挙げられます。

霊園や合葬墓の利用に関しては市営なので、霊園とのトラブルの心配がありません。
また、施設変更をして同じ敷地内の合葬墓へ改葬なさる方が多いですが、ご自身でお選びになった樹木葬や永代供養へと改葬する方もいらっしゃいます。

では具体的に見ていきましょう。

合葬墓の利用がおすすめ

墓じまいの後、同じ桜木霊園の合葬墓へ改葬する方法です。
おすすめな理由として、まず手続きがスムーズであるということです。
桜木霊園は公営の霊園ですので、合葬墓の募集時期のタイミングにもよりますが、書類さえそろえば手続き自体は難しくありません。

次に同じ霊園の中で参拝することが出来るので、故人様も参られる方も迷わなくて済み、お墓参りに行き手を合わせることが出来ます。

桜木霊園合葬墓の使用料は一体につき¥70000で、使用開始後の料金は一切かかりません。

ここで注意したいのは、一度お遺骨を合葬墓へ預けてしまうと、未来永劫取り出せなくなってしまいます。よく考えて納骨しましょう。

民間の永代供養、樹木葬へ改葬

昨今ではよく目にします永代供養や樹木葬。
新しくお墓を作るよりはるかに安く、さらにお参りにも行ける現代的な埋葬スタイルです。
いずれも改葬先にすることが出来ますので、この場合の墓じまいの手続きもそう難しくありません。

ただ、民間の永代供養や樹木葬は、値段の幅もあり、どの程度お遺骨を預けていられるのかも所により違います。
特に永代供養は、預けたお遺骨を永遠に供養して貰えるわけではありません。
契約前によく確認しましょう。

また、民間の霊園や永代供養・樹木葬は、管理者が変わると料金や取り決めたことが変わる場合があります。

大切なお遺骨は、しっかり信用できるところに預けたいものです。

墓じまいして散骨供養

見送る気持ち

墓じまい後のお遺骨のご供養の方法として、散骨供養をお考えになる方も多いかと思われます。
人間も自然から生まれたものですから、本来ならば自然へ還るべきです。

散骨してしまうと手を合わせる対象はなくなりますが、自分の手で故人様をしっかり自然にお見送りでき、供養の気持ちを忘れることが無ければ、無縁仏になるようなこともありません。

海は生命の故郷で肉体は大自然からの借り物であり、死して大地に還し、次なる生命の糧になります。お墓そのものがなくなってしまっても、本当のお墓は心の中に持ち続けることができるのです。

しかしながら現在の日本の法律では、一度お墓に納骨したお遺骨は改葬して再び埋葬することしかできないことになっています。
法的に散骨は埋葬行為ではありませんし、改葬許可申請の際に『海』や『森』などを改葬先にすることができません。

そしてさらに、改葬先が明確でないと、お墓からお遺骨を取り出すことができません。
墓じまいして散骨をしたいとお考えの方の多くが、このような問題につまづいてしまいます。

やすらか庵ではこのような問題を何度も解決してきました。

墓じまい後に散骨をお考えなのにうまく進まず悩んでいる方は、すぐやすらか庵にご相談下さい。

墓じまいの実際の施工

桜木霊園の墓じまいの実際の施工をいくつか載せておきます。

桜木霊園 墓じまい①

桜木霊園の墓じまい

こちらのお墓は和式の一般的なお墓。
奥ばった位置でしたので、トラックやクレーム車を横付けすることが出来ませんでした。
ですので、カニクレーンという重機で御影石を動かしました。

これを運搬車でトラックまで運び、クレーンで釣り上げます。

加えてコンクリートでできたカロートも撤去し、最後は土を入れて更地へ戻して完了です。

桜木霊園の墓じまい③

桜木霊園の墓じまいの標準的な料金

先程載せたお墓の場合

  • 墓石撤去及び処分一式
  • カニクレーン
  • 閉眼供養、お遺骨のお取り出し

以上で¥321840でした。
カニクレーンを使わなくても可能な場合はもう少し安くなりました。

墓じまいの料金はお墓がどんな場所にあるのか、石の量がどの程度なのか、車やクレーンがつけられるかどうか、重機が入れるかどうかなどで決められます。
これはうちだけに限らず、他の業者も似たような決め方をしていることと思います。
ただ石材店によっては、多額な請求を吹っかけてぼったくるような業者もあるようですので、石材店をお選びいただくことが可能でしたら、信用できる業者にお願いするのが一番です。

やすらか庵は国から認可が下りて活動してますNPO法人ですので、信頼度も高く、お気軽にご相談いただけます。
また千葉市桜木霊園での墓じまいの実績が多数ありますので、安心して依頼することが出来ます。

是非とも参考にしていただければと思います。

桜木霊園で墓じまいをする時の手続き

桜木霊園は市営の霊園ですので、時間こそかかるかもしれませんが手続きは書類がそろえば難しくありません。また、公園墓地の墓じまいの石材店選びは、ご自身でお選びいただけます。

  1. 遺骨の改葬先の決定
  2. 役所や霊園管理者に電話などで手続きの方法を確認する。
  3. 役所から必要書類を郵送してもらうか、役所へ書類を貰いに行く。(ホームページからダウンロードできる場合もあるので確認する。)
  4. 霊園管理者に埋葬証明をしてもらう。
  5. 墓石の撤去工事を依頼する石材店の決定
  6. 役所に改葬の申請
  7. 石材店に工事の依頼
  8. お墓の閉眼供養とお遺骨の引き取り
  9. 役所や霊園管理者に工事完了の旨を伝え、墓所の返還
  10. 改葬先に納骨、或いは散骨供養

やすらか庵では、墓じまい施工その物は勿論、お墓の閉眼供養やその後のご供養方法のご紹介までできます。また、外注せずにすべての工程をお任せいただけます。

『書類申請の仕方から不安』というお方でもサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

NPO法人やすらか庵に桜木霊園の墓じまい・お墓の閉眼供養の依頼をするには

桜木霊園は公営の墓地ですので、指定石材店も決まった寺院もございません。
したがって、墓じまいも閉眼供養もご自分の信用できるところにご依頼いただけます。

また、代表が高野山真言宗の僧侶をしておりますので、お墓の閉眼供養も一緒に行えます

墓じまいの見積もりは無料

書類手続きがスムーズにいきましたら、墓じまいの施工自体はそう長くかかりません。
NPO法人やすらか庵はお墓も直ぐに見に行けますので、お見積もりも迅速にお出しできます。
お見積もりは無料でお出しできますので、お考えの方はお電話かメール、もしくはこちらのリンクからご依頼ください。⇓

墓じまい無料見積お申込み | 散骨・粉骨・墓じまい NPO法人やすらか庵

お墓の閉眼供養も頼める

墓じまいを始める前には、必ずお墓の閉眼供養(魂抜き)をする必要があります。
閉眼供養せずに墓じまいの施工を始めてしまうと、ご先祖様はどうしていいのかわからなくなってしまい、迷ってしまうこととなります。

お世話になっておられたお坊さんがいらっしゃればその方に、そういう方がおられないときはNPO法人やすらか庵の代表が僧侶ですので安心してお任せいただけます。

新型コロナと墓じまい

抜魂供養、魂抜き、お性根抜き、閉眼供養とは何ですか | 散骨・粉骨・墓じまい NPO法人やすらか庵

桜木霊園のお墓から出したお遺骨の供養もNPO法人やすらか庵に頼めば安心

NPO法人やすらか庵では、墓じまい後の改葬先として5万円の樹木葬3万円の合葬墓をご紹介できます。
また、改葬せずに墓じまいして散骨することも可能です。

墓じまいして5万円の樹木葬へ改葬

茨城県稲敷郡美浦村の如来寺様のご協力の元、NPO法人やすらか庵が施工や運営を行い、5万円という低価格で実現いたしました。

5万円の樹木葬は如来寺様敷地内にございます。
大きな桜の樹木の麓で静かにお眠りになれます。

区画使用期間は30年となっており、以後はこちらの負担で同じ敷地内の合葬墓に移します。
手を合わせに行く場所を失わず、墓じまいの改葬先としても安心してお選びいただけます。

詳しくはこちらから⇒5万円の樹木葬

墓じまいして3万円の合葬墓へ改葬

合葬墓

5万円の樹木葬と同じく茨城県稲敷郡美浦村の如来寺様のご協力の元、3万円で永代供養出来る合葬墓です。

5万円の樹木葬と同じ敷地内にあり、大きなお地蔵様の胎内で静かにお眠りいただけます。
個別埋葬ではありませんが、合同で供養しておりますし、お墓参りに行って手を合わせに行くこともできますので、墓じまいの改葬先としてもお勧めできます。

詳しくはこちらから⇒3万円の合葬墓

墓じまいして海や山へ散骨

NPO法人やすらか庵では、墓じまい後のお遺骨を海や山へ散骨することが出来ます。

先にも書きましたが、散骨は埋葬行為ではありませんので、お骨出しに必要な改葬許可申請でつまづいてしまう方が多いですが、NPO法人やすらか庵に散骨をご依頼いただくと、お遺骨の受入証明書をお出しできますので、スムーズに墓じまいから散骨までお導き出来ます。

散骨するにあたってお遺骨を乾燥・粉骨

散骨をするにはお遺骨を粉骨しなくてはならないのですが、お墓から出したお遺骨は水分を含んでおりますので、粉骨の前に乾燥する必要があります。

NPO法人やすらか庵には乾燥炉も御座いますので、乾燥や粉骨もお任せいただけます。

乾燥についてはこちら↓

NPO法人やすらか庵の粉骨は世界で一番丁寧です。

墓じまいして海へ散骨

海とブイ

海は生命のゆりかご、生命が産まれては還っていく心の故郷です。
お墓から開放して差し上げたお遺骨の次なる還る場所として多くの方が海をお選びいただきます。

散骨は委託も安心してお任せいただけますし、お見送りにご参加いただくことも可能でございます。

※お遺骨を持ち込んで即日で粉骨から散骨まで完結するするメニューは、乾燥が必要な関係でお選びいただくことが出来ません。

こちらも参考にご覧ください⇓

墓じまいして森へ散骨

森の散骨

大地は生命を育み、やがては多くの生き物たちが次の生命の糧となるべく戻りゆく場所です。

通常山や森への散骨は、土地の所有権の問題が絡みますので原則的には難しいのですが、NPO法人やすらか庵は散骨のために森を所有しておりますので、土に還りたいという考えのある方や山を愛している方は森への散骨をお選びいただくことも可能でございます。

海同様に、散骨は委託も安心してお任せいただけますし、お見送りにご参加いただくことも可能でございます。

※お遺骨を持ち込んで即日で粉骨から散骨まで完結するするメニューは、乾燥が必要な関係でお選びいただくことが出来ません。

こちらも参考にご覧ください⇓

桜木霊園の墓じまいから改葬(散骨)まで一式お任せするならNPO法人やすらか庵

墓じまいのみのご依頼や、墓じまい後のお遺骨の供養のみのご依頼も勿論可能でございますが、墓じまいから墓じまい後のお遺骨の供養まで一式すべてNPO法人やすらか庵にご依頼いただくことも可能です。

NPO法人やすらか庵は、すべての工程をどこにも外注することなく責任をもって最後まで行いますので、安心してお任せいただけます。

お見積もりもすぐにお出しできますので、桜木霊園にお墓がある方で墓じまいを検討される場合にはどうぞご利用くださいませ。

お問い合わせ

平和公園墓地の墓じまいについて、或いは墓じまい後のお遺骨の供養についてなんでもお答えいたします。

まずはご相談ください。

フリーダイヤル0120-655-480 NPO法人やすらか庵

〒265-0053千葉市若葉区野呂町1434-10