八柱霊園について

八柱霊園

八柱霊園は千葉県松戸市にありますが、都営の霊園です。
昭和10年7月1日開園で、開園より80年の歳月が流れています。

面積は105haで、霊園の中はとても広く、自然豊かで、赤松、黒松、桜、欅、モミジなどの大木が至る所にあり、野鳥の種類が多いことから、野鳥撮影の大きな望遠レンズを付けたカメラで、シャッターチャンスを狙っている人がたくさんいます。

一方では、開園より80年近く経っていることや、古いお墓がたくさんあることなどから、最近は無縁墓が目立ちます。
無縁墓

おそらく1~2割程度のお墓がお墓参りされていないのではないでしょうか。

八柱霊園の墓じまい

八柱霊園の墓じまいをお考えの方で、その後のお遺骨供養方法として、

  1. 八柱霊園の合葬墓に改葬→八柱霊園の合葬墓を利用しよう
  2. 墓じまいして散骨→墓じまいと散骨

などが挙げられます。

公営の霊園ですので、受け入れ先がはっきりすれば、墓じまい自体は事務処理さえ進めば円滑に進めることが出来ます。

合葬墓の利用がおすすめ

墓じまいの後、同じ八柱霊園の合葬墓へ改葬する方法です。
おすすめな理由としては、まず手続きがスムーズであるということと、次に同じ霊園内で参拝できますので、参られる方も故人様も迷わずに済み、お墓参りに行って手を合わせることができます。

八柱霊園合葬墓の使用料は、一定期間の個別埋蔵後に共同埋蔵するか、最初から共同埋蔵するかで料金が変わります。

  • 一定期間の個別埋蔵後に共同埋蔵・・・一体あたり¥129000
  • 最初から共同埋蔵・・・一体あたり¥52000

墓じまいして散骨供養

大型船-散骨

墓じまいして散骨という選択もあります。
自然の中に生まれた私たちは、本来ならばやがては自然へ還るべきなのです。
墓石はなくなりますから手を合わせる対象はなくなりますが、供養の気持ちを忘れることがなければ、故人様が無縁になることもないでしょう。

海は生命の故郷で肉体は大自然からの借り物であり、死して大地へ還り、次なる生命の糧になります。

お墓がなくなってしまっても、本当のお墓は心の中に持ち続けることができるのです。

墓じまいの実際の施工の様子

八柱霊園の墓じまい

随分と前にお墓を購入した人は、広い区画をお持ちの方が結構おられますが、現在では、このような区画は分譲していません。墓地不足で新規の分譲というものがありませんので、このように広い区画が返還されますと、必ず最低限の区画に分割されてから分譲されます。

この区画では30㎡ほどありますので、8~10区画に分けられて分譲されることと思います。

 

八柱霊園 墓石

このように広い所での墓じまいは、カニクレーン、ユンボなどを駆使した工事になります、

竿石を外したら、その下には水がたまっていました。

八柱霊園-カロート

カロートを全部抜いたところです。

中に入ると人がすっぽり入り、巨大なカロートでした。

八柱霊園-墓じまい

写真はほとんど更地にした時点。
もう最後の方で雪が降ってきました。

盛り土してあった土砂は10トンほど運搬しました。

依頼されたご本人によりますと、他にも見積もりを依頼されていたようですが、比較にならないほどやすらか庵の方が安かったとのこと。

私にもその見積金額を教えてもらいましたが、なるほどでした。大体の見積は簡易見積ででますが、面積が増えるにつれ、単位面積あたりの価格は安くしております。

というか、そうなって当然だと思います。

八柱霊園の墓じまいの手続きと合葬墓を利用する注意点

八柱霊園は公営の霊園ですので、時間こそかかるかもしれませんが事務処理自体はは書類がそろえば難しくありません。ただ、合葬墓へ改葬する場合は、タイミングが限られてきますので注意しましょう。

墓じまいの手続き

手続き自体は以下の通りです。

  1. 遺骨の改葬先の決定
  2. 役所や霊園管理者に電話などで手続きの方法を確認する。
  3. 役所から必要書類を郵送してもらうか、役所へ書類を貰いに行く。(ホームページからダウンロードできる場合もあるので確認する。)
  4. 霊園管理者に埋葬証明をしてもらう。
  5. 墓石の撤去工事を依頼する石材店の決定
  6. 役所に改葬の申請
  7. 石材店に工事の依頼
  8. お墓の閉眼供養とお遺骨の引き取り
  9. 役所や霊園管理者に工事完了の旨を伝え、墓所の返還
  10. 改葬先に納骨、或いは散骨供養

以上で完了となります。
寺院や私営の霊園に比べると、トラブルは少ないです。

八柱霊園合葬墓を利用する注意点

合葬墓へ改葬や納骨をご希望される場合は、毎年7月の申込期間内に申し込みを済ませておき、使用許可を獲得する必要があります
そのため、墓じまいして合葬墓へ改葬される場合はまずは合葬墓の使用許可を得てから、段取りを進める形となります。

昨今は生前予約も殺到している合葬墓は、募集の枠が限られておりますので、枠の余りがあるうちに、使用許可を獲得されるのがよろしいかと思います。

なお、お遺骨は一度預けてしまうと、もう取り出すことはできませんので、それだけ注意しましょう。

墓じまいの見積もりや相談・お問い合わせ

やすらか庵では、『書類申請の仕方から不安』というお方でもサポートいたします。
また、墓じまい施工その物は勿論、お墓の閉眼供養やその後のご供養方法のご紹介までできます

またやすらか庵の代表は、高野山真言宗の僧侶をしておりますので、故人様の魂が迷ってしまわぬよう、しっかり導いて差し上げます。
ご安心ください。

墓じまいの見積もり

やすらか庵では墓じまいの見積もりは無料で致します。
公営の霊園はご自身で石材店をお選びいただけますので、お気軽にご相談ください。

なんでもお答えいたします。

また、やすらか庵では墓じまい後のお遺骨の供養方法としてご紹介できますメニューも取り揃えております。

お申込み・お問い合わせ

お申込みやお問い合わせは、やすらか庵にメールか直接お電話ください。

相談・お問い合わせ→043‐228‐1480
お申込み→フリーダイヤル0120-655-480

 

〒265-0053千葉市若葉区野呂町1434-10
NPO法人 やすらか庵


墓じまい総合メニューエンターには、墓じまいに関する様々なメニューがあります。