散骨に許可は必要ですか

答え

海の散骨に許可や提出する書類は必要ありませんが、航路や漁場、海水浴場などを避けて節度を持って行う必要があります。

山や里山の散骨で他人の土地に散骨する場合には当然その土地の所有者の許可が必要です、樹木葬として行っている所はほとんどが埋葬行為としての霊園の扱いです。

国有地や国有林などの場所では散骨の申請しても無理です、今までに申請して許可が降りたという話はありません。国有林は誰でも立ち入りは自由ですが、散骨に関しては、公的な立場の見解ではありませんが、葬送のための個人的に恒久的な利用ということで禁止されているという理解で間違いありません。

川や沼の散骨は飲み水や漁業権の問題がありますので、許可は取れません。

川や沼、河川敷などで散骨した方もおられますが、個人的なレベルで自己責任において人知れず行ったということになります。

散骨というものは、亡き人を送る葬送の儀ですので、人に見られないかと、隠れてこそこそ行うものではありません。人の目を気にして捨てるのは、廃棄物を捨てることと同じです。出来ましたら、葬送の儀として、正々堂々と行いたいものです。

自宅の庭や別荘に散骨することは、合法で許可や提出する書類などは一切ありませんが、近隣に迷惑にならないように心がけることが大切です。

墓じまいして散骨の場合には、改葬許可申請書が必要な場合と不要な場合があります。今あるお墓の改葬元が改葬許可申請を条件に改葬の許可を出す場合には、散骨と言う理由では通りませんので、NPO法人やすらか庵にご相談くださいませ。


質疑応答まだたくさんありますよ

次 ペットの遺骨と共に散骨しても構いませんかエンター