故人様の遺言や家族の方の希望などで、業者などに頼むことなくご自分で散骨される方がたくさんいらっしゃいます。

自分で散骨するには

森の代行散骨

散骨に関しては、許可や申請が必要なく、誰でも自由に行えます。

日本では、散骨に対しての法律や規則がありませんので、散骨が全く初めての人にとっては、何をどのようにしてよいか分からないのが現状です。

粉骨すること

粉骨

散骨に必要な条件としては、まず第一に、遺骨を粉状に粉骨することです。

どれくらいの粉にすれば良いのかという規則もありませんが、欧米の取り決めに倣って、2ミリ以下の粉末にするというのが一般的です。

遺骨をそのままの形で撒くと、誰かが発見したら必ず警察に通報され、事件として処理されることになりますので、ご注意ください。

葬送の目的を持つ

海の代行散骨-自由形式

そして散骨に必要な条件としては、葬送の目的を持つということです。

故人を送るための儀式として、お葬式の時と同じように、厳粛に行う必要があります。

この儀式がなければ、廃棄物の違法投棄と同じです。

環境に対する配慮

散骨に関するルールやマナーが無い中で、自主的に守って頂くことですが、環境に対する配慮が必要です。

自然の中で行うことで、自然の浄化作用に任せる訳ですから、浄化作用の範囲の中で行うことはもちろんのこと、綺麗な自然を壊さないことと、守っていくことが大切です。

安心な散骨の方法とは

故人様の大切なお遺骨を粉にして散布する散骨は、お遺灰を自然の中に散布するという意味では、自然の明確な定義がありません。都会の中にも自然はありますし、私達の道の自然もあるのです。自然の中で散骨を行う時に安心な散骨の方法はどういう方法なのでしょうか。

自分の土地や別荘で散骨

別荘で粉骨

自分の土地に散骨することは法的に全く問題ありません。

可能であれば、別荘などの自然豊かな場所で行えば、故人様もさぞや喜んでくださることでしょう。

但し、遺骨を粉骨していても、穴を掘って埋めることは埋葬行為になります、自宅や別荘での埋葬行為は認められていません。

墓石を建てることも埋葬行為として捉えられますので、いけません。

ご近所の方が理解のある方でしたら散骨についてお知らせしても良いと思いますが、理解が無い方や、あまりそういった話をしたことがない方でしたら何も言わないことです。

近くで遺骨を撒かれたと思うだけで嫌悪感を抱く人もいますし、自分の敷地に飛んで来るのではないかと心配する人もいますし、地下水が汚染されると心配する人が実際にいます。

余計なトラブルは最初から作らないことですが、あまり言いふらすということさえしなければ、堂々と行えば良いと思います。

海で散骨

海の代行散骨

我が国では海で散骨することが一般的であり、それは海が特定の個人のものではないからです。船を借りて沖合で散骨するという方法がおすすめです。

水深が10m以上あって、潮の流れがある所がふさわしいです、遺骨が特定の場所に留まることなく拡散していくからです。

船の上では人目を気にすることなく堂々と儀式をしてください。

岸壁や海岸で散骨する人がおられますが、ルール違反です、人目が付かないところを探してこそこそとする散骨だけは止めましょう、故人様の遺骨が人目を避けて捨てられているのと同じです。

山で散骨

山の散骨-自由形式

山に関しては我が国の山は必ず誰かの物であるか国有地です。人の土地で散骨するのは犯罪です。そして国有地では誰もが自由に立ち入りすることは出来ますが、個人的な利用は禁止されています。

散骨も個人的な利用になります。

国有林はとにかく広いですから、たとえ誰かがどこかで散骨していても、誰かに咎められるようなことはまずありませんし、これまでに散骨された方が裁判になっているようなこともありません。

国の物は皆の物でもありますが、法律に照らし合わせれば合法ではありませんので、注意してください。

NPO法人やすらか庵の所有地での散骨なら安心です-やすらかの森散骨エンター

旅行先で散骨

夫婦のどちらかが先に亡くなった場合の喪失感は大きいもので、1人では何をしても楽しくなく、旅行に行くような気分にもなれないものです。

しかし、故人の供養のための旅行であれば、意欲も湧いてくるものです。

故人様との思い出の場所に旅行しながら少しずつ散骨するのも良いですし、四国の八十八か所巡りをしながら散骨するのも、自分を見つめなおす良い旅になることでしょう。

毎日悲しんでばかりいて、家の中に閉じこもっていても、亡き人も同じように悲しんでいます。

旅行にでも連れて行ってあげると思えば、それもまた良いことです。

自分で粉骨するには

手作業の粉骨

散骨するためにはお遺骨を粉状にする粉骨が必要になりますが、自分で粉骨する方法があります。

すり鉢を使って自分で粉骨

すり鉢

自分で粉骨する道具として簡単に手に入る、もしくは既にあるものとしては、すり鉢とすりこ木です。

結構力が居る大変な作業ですが、やる気さえあれば必ず出来ますし、激安のインチキな業者に頼んで機械で粉にされて戻ってくるよりは、自分で手作業でおこなった方が故人様も喜んでくださいます。

畳に座って足ですり鉢を足で挟み、すり鉢の中に遺骨を入れてすりこ木でゴリゴリと砕いていけば必ず粉になります。

粉骨彩心レンタルを借りる

粉骨彩心レンタル

粉骨彩心は私が長年の歳月をかけて開発した手作業で遺骨を粉にする専用の道具です。朝日新聞にも掲載されたことがあります。

1週間のレンタル料で17,800円、説明書付き、往復の送料は無料、骨壺、骨箱の回収サービス付き。

自分で粉骨する道具-粉骨彩心レンタルエンター

立会いの散骨で納得の粉骨をする

粉骨は葬送の儀式

NPO法人やすらか庵では立会いの手作業粉骨を行っています、粉骨というものは、一人で行うと霊的なものを感じしまったり、何故かしら落ち込んでまったりする方もおられます。

NPO法人やすらか庵では僧侶である代表自ら粉骨の作業を行いますので、安心の度合いが違います。

立会いで手作業の粉骨エンター

立合えないが、やすらか庵に頼む

NPOの手作業粉骨

粉骨に立合えない、もしくは遠方なので来れないという方は宅配便を使った手作業の粉骨サービスをどうぞご利用くださいませ。NPO法人やすらか庵では、誰も見ていないからと言って手を抜くようなことは絶対にいたしません。

何故なら亡き人が目の前にいるからです。亡き人に満足して頂けることが使命なのです。

代行(委託)-手作業の粉骨エンター

水溶性袋

海や湖、自宅や別荘などで
ご自分で散骨する方でやすらか庵の粉骨を利用される方には
水溶性袋を無料で差し上げます
水溶性袋 大 は5袋まで無料
水溶性袋 小 は10袋まで無料
水溶性袋に入れれば参加した人がそれぞれの手で散骨できます
また、バスケットに入れてお花で飾り付けしたりすることもできます

水溶性袋のみの販売もしています→水溶性袋販売エンター

水溶性袋
水溶性袋

粉骨後の飾りつけ例
飾り付けの一例

粉骨して木の下に散骨
自分の土地に散骨することは法的に全く問題ありません

自分で散骨出来ない時には

NPO法人やすらか庵では参加する散骨を大切にしています、それは亡き人のために参加する事、奉仕することが供養になるからです。

そういう意味ではNPO法人やすらか庵の散骨を利用された方は皆感動されますが、参加するということに於いては自分で散骨すること以上に亡き人に対しての気遣いが出来るからです。

料金的にもリーズナブルです、ここまでしてくれるのなら、ここまで気遣いしてくれるのなら、最初から頼めばよかったと思って下さるはずでございます。

海の散骨エンター

森の散骨エンター