改葬とは

改葬とは

改葬とはお墓に埋葬されたお遺骨の引っ越しのことで、お遺骨の引っ越しですから、引っ越し元と引っ越し先があり、引っ越し元と引っ越し先の両方の了解が必要になります。

我が国の法律である「墓地埋葬法」によりますと、一旦墓地に埋葬されたお遺骨は「埋葬行為」になってしまいますので、以後は「改葬」しか出来なくなります。

散骨は埋葬行為ではありませんので、墓地埋葬法によりますと、墓地に埋葬されたお遺骨は散骨出来なくなりますが、NPO法人やすらか庵では一旦埋葬されたお遺骨を散骨出来るようにサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

墓じまいして散骨する場合には…墓じまいと散骨エンター

改葬元

改葬とは

改葬元とは今あるお墓の場所のことで、改葬許可申請書は今ある墓地の管轄の役所に提出することになります。また、改葬元の墓地の管理人には、今納骨されているお遺骨について証明してもらいます。

改葬先

改葬先とはお遺骨の引っ越し先になります。例えば新しくお墓を購入したとか、納骨堂を契約したとかで、お遺骨を持って来る場合の新しいお遺骨の埋葬場所になります。

改葬の理由とは

改葬許可申請書には必ず改葬の理由を書く必要がありますが、自分で書く場合と、選択肢から選択する場合があり、選択肢の場合には

  • 墓地移転のため
  • 新墓地購入のため
  • 墓地合併のため

などのようになっています。

後継者が居ない人の改葬

樹木葬

後継者の居ない人が改葬する場合には、一般的には「墓じまい」ということになり、今あるお墓を撤去して更地に戻し、取り出したお遺骨は墓じまいして散骨するか、合葬墓に入れるか、或いは後継者不要の樹木葬や納骨堂に納骨するかという選択肢になります。

NPO法人やすらか庵が提供する安心の樹木葬は…5万円の樹木葬エンター