多くの人で見送る散骨

近年では葬儀の少人数化が進み、家族や身内の者だけで行う家族葬や密葬が主流になってきましたが、直葬と言われる病院から火葬場に向かう葬儀で、お葬式が全く無いコースが選択されるようにっなて来ているのです。

しかしながら直葬では供養と言われる部分が全くないために、後になってから、亡き人に対してもっと何かして差し上げれば良かったという後悔の念を持つことが意外と多いものです。

葬儀を家族葬にして少人数の実で執り行い、散骨供養にたくさん人を呼ぶという方法もあります。

散骨供養はお墓の場合でしたら納骨供養に該当しますので、皆が参加して亡き人の遺骨を納めるという意味では皆に参加してもらい、お墓の代わりにこのような葬送にしましたということを皆に知ってもらえば後の供養についても皆さんの理解が深まるのではないかと思います。