無縁仏

今の時代「散骨」と検索しますと出るわ出るわ、おびただしいほどの散骨業者が出てきますが、あきらかに怪しい業者がたくさんありますので皆さん気を付けて下さいませ。

怪しい業者とは

  • お金を集めて消えることを繰り返している業者
  • 激安を謳い文句に処分の散骨をしている業者

のことです、もちろん真面目にしている業者もありますが、近年では業者が増えすぎて競争が激しいために激安合戦を繰り広げているのです。

大体1万円程度で散骨をと宣伝しても集めたお金は生活費に飛んで行って、遺骨は散骨と称して捨ててくるようなことをしている業者が存在しているのです。

散骨そのものが明確な規定がありませんので、葬送と処分の見分けがつかないのです。

遺骨を粉にして捨ててきても「散骨」だと言えばそれでまかり通るのです。

捨てて来た遺骨は確実に無縁仏になってしまいます、無縁仏を増やしてはいけません。

もっと詳しく…無縁仏とは?-激安散骨で無縁仏になる!

私は高野山真言宗やすらか庵の僧侶もしていますので、巷の儀妖怪の裏事情というものもたくさん見えてきますが、亡き人に必要なことは葬送であり、お送りすることであり、供養の散骨をしないと迷うばかりなのです。