遺骨を粉骨して布袋に入れる

お墓は本来土に還る場所であるべきなのに、現代のお墓は土に還れないような仕組みにされてしまっています。大切なお遺骨をいつまでも綺麗にお祀りしようと思ったら、綺麗な骨壺に入れて丈夫で豪華なお墓に入れておけば、末永く安置されているはずです。

しかし、綺麗な骨壺や豪華なお墓が永遠に残ったとしても、今生きている人達の後継者が居なくなって墓じまいという事態が続出しているのです。

遺骨は50年で土に還るということが理想です。その人のことを覚えている人がいなくなるからです。教科書に載るようなごく一部の有名人を除いて、私達は必ず忘れ去られる運命にあります。

今お墓がある人やこれから納骨する人は、お遺骨を骨壺に入れて納骨するようなバカバカしいことはやめて、粉骨してカロートの中に埋葬しましょう。

お墓は国家公認の埋葬が可能な場所です、穴を掘って埋めれば良いのです。カロートの底の土の上に置いたぐらいでは中々土に還りません、思いっきり穴を掘って埋めましょう。

もちろん、せめてカロートの底ぐらいは土になってないといけません。

やすらか庵では粉骨、そして布袋に入れるということもしておりますのでどうぞご利用くださいませ。