古い遺骨は1つの壷にまとめても良いか

答え

お墓の納骨室(カロート)が一杯になりかけてきたら、後の人がもう入れなくなってしまうのではないかと考えてしまうもので、お墓をあまりお金をかけることなく大切に使って行こうと思えば、遺骨を小さくするか、まとめるかという解決法に頼らざるを得ません。

随分と年月の経過した亡き人のお遺骨を1つの骨壺にまとめるという方法ですが、これは骨壺に少量のお遺骨しか入っていない場合にはとても有効で、蓋の所ギリギリまで入れられているような場合には粉骨しない限りは、まとめることが出来ません。

さてどれ位の期間が経過したらまとめて良いかという話ですが、33年もしくは50年ということになります。

近年の法事は33回忌で終わるということが多くなり、33年を経過したら個々にお祀りすることはやめて、〇〇家のご先祖様という扱いになります。

ご先祖様は先祖の集まりですから、もうこの時点で骨壺の遺骨はまとめても良いということになります。

どうせまとめるなら将来の為にも綺麗にまとめたいもので、お墓からお遺骨を取り出して乾燥(火葬)、粉骨して新しい骨壺に入れ直せばお墓の中が整理整頓され、随分とすっきりいたします。

NPO法人やすらか庵ではお墓の中のお遺骨の乾燥(火葬)、粉骨をしており、新しい骨壺も全種類揃えております。


まだまだあります遺骨に関する質疑応答エンター

前 土葬の遺骨はどんな感じですかエンター