檀家とは

檀家のイラスト

檀家とは江戸時代より続く寺院と住民を結び付ける「檀家制度」に於ける寺院と出家者を支援する在家の信者の事で、主に寺院の周辺に住む者が集って組織を作り、寺院の運営に協力します。

檀家制度での檀家

通夜のイラスト

江戸時代の檀家制度ではキリシタン禁止令の基に国民が全て寺院の檀家になることを強要され、檀那寺は檀家と言われる住民の戸籍などを扱う役所の役割を果たし、寺子屋と言われる学校の役目も果たしていたことから、寺院は極めて公共的な立場であり、地域に無くてはならない存在だったのです。

檀家の法事葬式などの先祖供養を行う当時の檀那寺は公共的な立場もあって運営は順調だったようです。

檀家制度では檀家が引越するようなことがあっても引っ越し先でその地域の檀家になるので、今の時代のように離檀するという事が許されませんでした。

現代の檀家

檀家のイラスト

江戸時代の檀家制度は解体され、住民の戸籍管理は役所の仕事になり、国民が寺院の檀家になるという義務から解放されたことで、戦後の高度経済成長の時代に地方から都会に移り住む者が激増し、都会では宗教に囚われない自由な生活を謳歌する若者が増えたことで、寺院の檀家は減り続けます。

それでもまだ地方では檀那寺の周囲の住民のほとんどが檀家であるということが多く、檀家の法事と葬式をしていれば運営が安泰であったことから、何の努力をすることも無く過ごしてきた結果、気が付いたら檀家は減り、法事や葬式も減り、寄付金も集まらない結果として破綻していく寺院が増えているのです。

檀家制度の恩恵を受けて堕落してしまった僧侶に嫌気をさして墓じまいし、離檀していく檀家も増えています。

本来の檀家は

檀家制度

仏教を信仰する在家者として出家者である僧侶と寺院を支えることによって功徳を積むという仏教的な考えのもとに檀家があって、僧侶は自分達の先祖を毎日供養してくれる存在であり、仏法を分かりやすく説いてくれる有難い存在である尊敬すべき僧侶が見当たらなくなっています。

僧侶の存在が有難いからこそ檀家は進んで布施するのですから、そういう存在でなくなってしまっていることに気が付かなければいけません。

檀家にしても僧侶がお経を読んでくれるだけで有難いとは思っていません。

分かりやすく仏法を説いて、それが自分達の生活に役立ってこそ有難いのです。