寺院に墓じまいの相談

公営の霊園で墓じまいの相談をする場合には管理事務所に行けば職員の人が無料で対応してくれますが、寺院ではかなり違いますので気を付けましょう。

寺院の墓地は

寺院の墓地は寺院が管理していて、檀那寺と檀家という特殊な関係があり、法事やお葬式を執り行うのはもちろんのこと、戒名の授与やお墓の管理まで全ての事が関連しているという点では公営の霊園とは立場が全く違います。

檀那寺と檀家という関係に無くとも春秋の彼岸や盆の供養の案内が来たり、寄付金の案内が来たりするのが寺院墓地の特徴です。

寺院の墓地は寺の住職が管理している事が多く、大きな霊園にあるような管理事務所的な建物が無かったりしますので、何か相談があるような場合には、予め電話してから伺うようなことになります。

寺院に墓じまいの相談に行くには必ず事前に電話して予約をしてから行きましょう。

こちらからお寺にお伺いするというのが基本です。

更には住職には寺務の合間に時間を取ってもらうのですから、御供え物や1万円程度の御礼などを包んでいきましょう。

これがあると無いとでは結果に明らかに差が出ますので、地獄の沙汰も金次第とはまさにこの事です。

御布施と御礼の違い

袈裟を付けて読経してもらう場合には「御布施」、作務服で相談に乗ってもらう場合には「御礼」「御供」です。

公営の霊園では決して必要の無いお金ですが、寺院では必要です。

こういう事が嫌だからと寺院を離れていく人はとても多いのですが、世界を見渡してみますと、心付けやチップと同様だと思えば違和感が無いと思います。

更には寺院の御本尊様に御供えすることで自らの徳が積めると思えば大変に得した気分ですが、寺院と住職にそういった資質が無くて、離れたいと思っている人にとっては、何とも払いたくないお金です。

寺院に相談に行く時は

今まで供養してもらったお墓の相談ですから、特別なお布施は必要ありませんが、菓子折りぐらいは持って行くのが礼儀です。

可能であるならば少額でも結構ですから、菓子折りと共にお布施があれば最も丁寧な方法です。

お金を包むことによって世の中が上手く廻っていくのであれば是非ともそうするべきです。

一昔前の年配の女性は特に、何か事ある度に少額ではありますが、「寸志」と書いた袋を渡していたもので、貰った方はとても良い気分になれて、幸せをおすそ分けしてもらったような気がしたものでした。

最近ではそういう方が滅多に居なくなってしまったことは残念ですが、元々お金の「お札」(おさつ)は全く同じ文字の「御札」(おふだ)であることから、本来は人を幸せにする使い方をするものなのです。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答