自分の代で家が絶えてしまいます、お墓をどうしたらよいか

答え

代りにお墓を守ってくれる人がどうしてもいない場合は、寺院や霊園と相談して永代供養や合葬墓、無縁墓地等に入れてもらうしかないでしょう。

ただし永代供養は永遠に供養してくれることではありませんので、その内容はよく確認してください。

永代供養料として多額のお布施を要求されるなどで納得できないような場合には、散骨を検討してみてください。

NPO法人やすらか庵の代表は高野山真言宗やすらか庵の僧侶もしておりますので、ご先祖様の供養の法要もいたしますし、散骨もいたします。また、墓じまい(お墓の処分、撤去)もおまかせください。

石屋さんにとって、お墓の建立の仕事は利益が大きいし、後の仕事に結びつくので親切にやってくれますが、お墓の処分は後の仕事に結びつかないので、嫌がられますし、どうせ一回きりの仕事ならと高額な金額を要求されたりします。

石屋さんに頼む時は何社かの見積もりをとることをおすすめいたします。

寺院の墓じまいに関しては墓じまいの他に、離檀という問題も加わり、トラブルになることがありますので、なるべく早めにNPO法人やすらか庵にご相談ください。常時無料相談をしています。

無料相談ご利用くださいエンター


まだまだありますお墓に関する質疑応答エンター

前 お骨はお墓に入れないといけないという決まりがありますかエンター

次 お墓は買ってあるのですが、やっぱり散骨したいと思うエンター