離檀料とは

離檀料

離檀料とは、寺院の檀家を離れる時に要求されるお布施で、高額な金額を請求されることが多く、寺院とのトラブルの原因となっています。

離檀料って何ですか

引っ越しして遠方に住むことになったり、後継者がいないなどの理由で寺院の墓じまいをする時に、檀家という扱いになっていれば、檀家を辞める必要があり、その時に支払うのが離檀料です。

そもそも離檀料とは、寺院の立場からすると、今まで檀家ということで日々のご先祖様の供養をし続けてきたと、自分の理由で檀家を辞めるのであれば、これまで供養し続けてきたお礼を出すべきということなのです。

離檀料の相場は

離檀料の相場に決まりはありません、寺院によって違います、離檀料なんて不要という寺院もあれば、数十万円から数百万円まで、とにかく決まりが無いので、こちらの足元を見られてから決まるようなものです。

たとえば古くからのお付き合いで、供養の期間が長いですから、離檀料として300万円お願いします、なんて言われたら、どうしますか?

離檀料は支払う必要はあるか

本来「お礼」というものは、金額を言われてから差し出すものでなく、こちらから自主的に差し出すものであり、本来のお布施もしかりです。

1つだけ間違って欲しくないことは、お世話になったのですから、「お礼」だけはいたしましょう。それが礼儀というものです。

しかし、寺院の中にお墓がある場合などは、お寺さんが了解してくれないと墓じまいも出来ませんし、離檀も出来ません。お寺さんとのトラブルで一番多いのはお金の問題なのです。

交渉するしかない

離檀料はここのお寺の決まりなのだから、と言われてしまえばおしまいです、しかし、決まっているのなら、ある程度の金額はあきらめてください。

離檀料の金額が妥当でしたら、気持ちよく払ってください。

離檀料の金額に納得出来なかったら、交渉だけはする必要がありますので、「お金が無い」ということで交渉してみてください。

本来寺院は生活に苦しい人を救済する立場ですが、苦しい人をますます苦しめるようなことをしている寺院も実際にあるのです。

しかし、絶対に諦めないことです。一人で交渉してもだうにもならない時には無料相談エンターご利用ください、

私も僧侶ではありますが、これまでいろんな交渉に行きました、最近、胃が痛いのは、こういうことが影響しているのかもしれませんが、但し、これ位の金額なら相場というものだと判断したら、それはそれではっきりとお伝えいたします。何もかもケチれば良いというものでもありません。

本来離檀料はあるべきものでない

個人的な意見ですが、本来離檀料なんてあるべきものでないと思っております。

お礼というものは、向こうから言われて出すものではないからです。

しかし、寺院が離檀料やお布施を請求する背景には、時々ですが、全く非常識な人がいるからだとも思います。

お布施はお気持ちでいいですよ、という僧侶の善意に対して、封筒に10円入っていたり、それも、高級車に乗って来てです。本当に生活に苦しい人でしたら、それで良いのですが…

いくらと決めたがる寺院の気持ちも分からないでもありません。しかし、それでも本来は僧侶というものは、見返りを期待しないというのが悟りの境地で、10円なら5秒のお経で、10万円なら1時間のお経なんてことをするから信頼されないのです。

そしてさらにひどいのは、目の前でお布施の袋を開けて確かめてから読経する僧侶です。お布施なんて自分がもらうものではなくて、本尊様に差し上げるもの、中身の多いか少ないかはご本尊様が決めるもの、ご本尊様にお仕えするのみで、自分は普通の生活が出来れば、それで良いのです。

寺院と交渉する時は

寺院との交渉

寺院と金額的な交渉をする時には、菓子折りと1万円程度で結構ですから「お供え」と書いたのし袋を持っていきましょう。こういう所で、向こうの応対が変わるものです。

そして交渉する時には決してこちらから離檀料はいくらですかなんて言ってはいけません、向こうが言わなければ、それで良いのです。

こちらが言う事は「他に何かありませんか」だけで良いのです。

最後に一言

最近は寺院も運営に困っているという話をよく聞きますし、公務員の仕事の合間にお寺の仕事をしている方もおられます。

お寺というものは、誰もが頼れるやすらぎの場であり、大切なご先祖様を供養する場でもあるのです。

やむを得ない理由で離れるような時には、今までどうも有難うございました、と気持ちよく離れたいものです。

お寺さんと喧嘩別れしたという話はよく聞きますが、実は目に見えない神仏やご先祖様と繋がっていた場所ですから、少なくとも目に見えない方々にだけでもお礼を言いたいものです。

「立つ鳥跡を濁さず」


墓じまい総合メニューエンターには、墓じまいに関する様々なメニューがあります。