お墓の中に散骨

東北地方や関西、中国地方などで今でも行われている納骨法として、遺骨を布袋に入れて納骨したり、或いは骨壺から出してお墓の中に撒くという納骨法があります。

特に東北地方ではお墓の中に遺骨を撒くことを散骨と言う習慣も有り、こういった納骨法について、遺骨は土に還るものだという考えが根付いている証であり、土葬の頃からの土に還るという観念が、火葬になっても引き継がれているのです。

実際にカロートの中に撒かれた遺骨は、土の上に置いてあるも同然で、土中に埋葬された場合よりも土に還るスピードは遅いのですが、それでも土に還って欲しいと願い、他の遺骨と混ざっても構わないという考えは信仰心に根付くものではないかと思います。

骨壺のままお墓に納骨すれば千年経ってもそのままです、土に還りません、お墓は本来土に還る場所であるはずです、遺骨はお墓の中に散骨しましょう、そして散骨する時には必ず粉骨してから散骨しましょう。そうすれば土に還るスピードが全く違います、可能であればカロートの中の土を少し掘ってから埋葬すれば早く土に還ります。