終活とお焚き上げ供養

終活は自分の死後に周りの人になるべく迷惑を掛けないようにとの理由で、お葬式や死後の片付けなどを生きている内に契約したり、身の回りの不要な物を予め処分したりすることですが、必要最小限度の生活にすると共に、残りの人生をどのように生きるかという精神論としての自分への問いかけでもあるのです。

死を考えることでより良く生きるための終活であり、欲望の象徴としての物からの決別という意味で就活は自分の人生そのものを考える良いきっかけになるのです。

お焚き上げ供養も然り、欲望という煩悩をを焼き尽くすという使い方をすれば有意義な終活になります。