全国対応の散骨です

海の散骨

やすらか庵の散骨は立会い散骨と代行(委託)散骨があり、立会い散骨は主に関東圏内の方の利用が多く、中には遠方からでも泊りがけで来られる方もおられますが、代行散骨では関東圏はもちろんですが、ゆうパックでの送骨が利用出来ますので全国からのご利用が可能になります。

今時の時代に亡き人をあの世の世界に送り出す事、そして無縁仏にならない活動や供養の無料相談などを真面目に行っている所は他にありませんし、何よりも僧侶が行っていることでの安心は他に無いことです。

NPOとしての活動も亡き人の供養のためと、生きている人の悩み苦しみを取り除くためですから、単なる商売としてではなくて、社会的活動として行うということで国からの認証を受けていて、毎年活動報告書も提出していますので、安心の材料かと思います。

散骨に対する理念

散骨は亡き人をあの世へとお送りする葬送の儀であり、お葬式と同じで儀式が必要です。

そして亡き人に対して今行っていることを声に出して説明することも大切なことです。

「亡き人は死んでいるから耳が聞こえるようなことはない」と思ったら大間違い、「亡き人はもう見ていないから何をしても大丈夫」と思ってもいけません。

亡き人が目の前に居られるのですから、今何をしているかを説明することが大切であり、何をするにしても丁寧にということが基本中の基本です。

こういったことは葬儀社などの葬祭をしている方は大体身についているのですが、許可なく始めることが出来る散骨業をしている人などは全く考えてもいないことなのです。

大切な方のお遺骨を頼むような場合には、信頼できる所にお任せしないと、亡き人は迷ってしまいます。

捨ててくるような扱いの激安散骨業者に頼めば間違いなく無縁仏になってしまいます。

お遺骨は郵パックで送れば安心です

宅配で遺骨を送る

お遺骨は郵パックで品名は「遺骨」として送れば丁寧に取り扱ってくれます。

郵便局の荷物でのトラブルはこれまでに一回もありません。

荷物として送るのに抵抗がある方には可能な限りお伺いするように致します。

代行散骨は全国対応です

代行散骨は散骨の時に立会いをしないので、選んだ散骨業者が良心的に実行してくれることを願うのみです。

また選んだ散骨業者が悪ければ、大切なお遺骨を送って業者が受け取った瞬間から粗末な扱いを受けてしまって、惨めで悔しい思いをした上に何の儀式も無しに機械で強引に粉にされて捨てられておしまいです。

世の中には堂々と捨てる散骨をしていて、その様子がテレビで放映されて自慢している愚かな業者が居て、安くて役に立つ良い散骨をしていると勘違いしていることは恐ろしいことです。

散骨の定義が遺骨を粉にして自然の中に散布することですから、合法ですし、捨ててくる散骨でも違法ではありません。

私は亡き人が目の前に居るということで扱うことにこだわり続けていますので、遠方の方でも安心して利用して頂ければと思います。

お遺骨を送ることに躊躇される方には、場合によっては遠方でもお伺いさせて頂きますので、どうぞご相談くださいませ。

海の代行散骨

海の代行散骨には最もシンプルな形の「海に還る代行散骨」とお遺骨の引き取りに伺うことも可能な「海の代行散骨」があります。

森の代行散骨

森の代行散骨には最もシンプルな形の「大地に還る代行散骨」とお遺骨の引き取りに伺うことも可能な「森の代行散骨」があります。

立会い散骨は全国対応です

一般的な散骨業者ですと故人様の遺骨の粉骨までは立会いにはなりませんので、粉骨まで含めてすべての行程を立ち合いにしているのはおそらくやすらか庵だけで御座います。

信頼というものは、いつ何時でも立ち会いがあっても無くても同じようにすることが信頼だと思っておりますので、立ち合いをされたからと言って何か特別なことをする訳でもございませんが、立会いされる方の中でも最も気を遣うのが「亡き人」の立会いなのです。

即日散骨とは、お遺骨を朝10時に持って来てやすらか庵まで来て頂ければ立会で粉骨をして散骨に向かい、立会で散骨をして午後1時半には散骨の全ての行程が終わります。お遺骨を全く預けることがなく、全てが立ち合いで目の前で行いますので、最高に安心であることはもちろん、一緒に参加するということで故人様の供養になり、無上の満足感と亡き人との一体感が得られます。

海のチャーター立会い散骨のご案内

海は東京湾と東京湾観音、相模湾になります。使用する船は小型クルーザーやすらか丸と大型船があります。

森の立会い散骨のご案内

千葉県房総半島の中ほどに静かな環境の里山「やすらかの森」があります、自然豊かで明るく暖かい、静寂の地で自然の樹木の下に静かに眠って頂きます。