墓じまいに反対する人がいる場合

答え

お墓というものは特に地方では、親族の話題になることが多く、何処の家では立派なお墓を建てたとか、高級石材の庵治石を使っているとか、最近あの家は墓参りに行っていないとか、お墓に関する話題はつきものです。

そして本家ならば分家のことに物申す、という体質は未だ健在です。また、分家の者が本家に何か言っても相手にされないということもあります。

法事の席で親族に墓じまいの相談をしたら、反対されて大喧嘩になってしまったということもよくある話で、跡継ぎのいない人のことを真剣に考えてくれるのではなくて、本家や長老としての威厳を保つために反対することが多いのです。

また、身近なところで、親子や兄弟でも、意見が食い違うことがあり、どうしたら良いのか分からなくなってしまいます。

反対する人は、実現可能な代替え案を提案してくれればまだしも、ただ感情的になって反対されては困ります。

そして最近多いのが、遺産争いにお墓まで巻き込んでしまうものです。

法的にはお墓の継承者である使用者が決定権を持ちますので、他の誰であってもそういう権限はありません。

しかし、世の中には付き合いとか、いろんなことがありますので、なるべく穏便に済ませたいところです。気を付けたいこととしては、話がこじれたままで墓じまいを強引に進めることは止めましょう。場合によっては、もっと大きなトラブルにもなりかねません。

本人同士の話し合いで解決しない時には、私が相談に乗って差し上げますし、場合によっては説得することも可能です。まずはご相談くださいませ。無料相談


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答エンター

前 墓じまいするのに、名義が亡くなった人のままであるエンター

次 年齢的にいつ墓じまいをしたらよいかエンター