お墓にカロート(納骨室)がない

墓じまいしようと思って改めてお墓をよく見てみると、カロートと言われる納骨室が無いようなことが実際にあります。

カロートとは

カロートとはお墓の地下部分にある納骨室のことで、亡くなった人の遺骨を入れた骨壺を納める場所のことで、重たい墓石の下にあるので大抵はコンクリートで作られた部屋になっていて、棚板をした2段或いは3段構造になっています。

大きなお墓の場合には石段があって人が降りていく部屋の構造になっていることもあります。

土葬の場合には

カロートには、骨壺に入ったお遺骨を納骨しますので、お墓の地下部分になりますが、あって当たり前の設備です。近年になって作られたお墓に関しては、納骨室が無いということはありませんが、土葬の頃に作られたお墓でしたら、納骨室がありません。遺体は1.5~2メートル位の深さに埋葬されていて、その上にお墓が建っているのです。

土葬の時代は

土葬が行われていたのは明治時代ぐらいまでで、都会に近ければ昭和の初期には火葬が行われ、大体昭和30年頃にはほとんど全ての場所で火葬に切り替わっています。

土葬のお墓の特徴

土葬のお墓

土葬のお墓はとてもシンプルで竿石と土台の石の2つで成り立っていることが多く、現代のお墓のように丈夫な作りではありません。

遺体を棺桶に入れた上で土中に埋葬するので土が陥没していくので、時々はお墓の修正をする必要があったのです。

土葬の墓じまい

土葬の場合の墓じまいでは、最初に墓石を全て撤去してから、遺骨が埋葬されている部分を掘削してお遺骨を収集することになります。

遺骨収集

遺骨収集

土葬の場合にはただひたすらに土を掘って遺骨が出て来たら丁寧に遺骨を集めるだけですが、実に大変な作業です。

土葬の遺骨は

火葬された焼骨は水分が抜けて縮むのに対して土葬の遺骨は意外と量が多遺骨が特徴です。

場合によっては40リットルのゴミ袋一杯位の量になることもあります。

散骨供養樹木葬にする場合には遺骨の乾燥(再火葬)粉骨が必要になります。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答エンター

前 墓じまいの見積はどこに頼むエンター

次 墓じまいをすると祟りが起こると言われたエンター