永代使用料とは

永代使用料とは、お墓を契約した時に、その区画を永代に亘って使用できますよ、という保証料で、数十万円~数百万円というまとまった金額で、基本的に一度支払ったら、二度と戻ってきません。

お墓を購入する時に必要なものは

お墓を新規に購入する時に必要なお金は、「永代使用料」と「年間管理費」です。

永代使用権について

お墓の土地は借地で、永遠に自分の土地にはなりません。

墓地埋葬法では、遺骨を埋葬する墓地を作るには様々な制約があって、国の認可が無いと出来ませんので、認可された法人の所有地の一部を借りて遺骨を埋葬しているのです。

墓地は法人の所有地であって法人が管理しなければいけませんので、お墓の購入者はその土地を借りているのです。

「法人の土地を永代に亘って借りることができますよ」という権利が「永代使用権」なのです。

永代使用権を得るために支払うのが「永代使用料」です。

「永代使用料」は原則一度払ったらいかなる理由があっても戻って来ることはありません。

年間管理費とは

年間管理費とは霊園の施設の維持管理に必要な金額で、原則一年に一回支払います。

霊園の施設では職員を常駐させる経費の他に、電気、水道、ごみ処理、草刈りや清掃などの施設の維持管理に火ような経費として年間管理費を徴収しています。

年間管理費を払わなければ墓地の使用者もしくは縁故者にその請求が行き、更に支払いが無ければ墓地撤去の通告がなされます。

使わなかったので返して欲しい

家を引っ越しすることが決まって、せっかく買ったお墓だが返還したいと言うことが実際にあるものです。

或いはお墓を買ったけれど息子が事故で亡くなって散骨したからお墓はもういらないなどの事例もそうです。

買ってからまだ墓石をなどの工事を一切していないし、何も使っていないからもえ永代に亘ってお墓を使うようなことは無いから、永代使用料を返して欲しい、全額ではなくてもある程度返して欲しいと思うのが人情です。

契約書を確認しよう

お墓の契約書には必ず大切な事が書いてありますのでよく確認してみて下さい。

年間管理費については使われなかった期間においてはある程度返還されることがありますが、永代使用料については多分「いかなる理由があっても返還されない」旨の記載がされているはずです。

そういった記載があって、自分の判が押してあるのなら返還されません。

例えば1年しか使わなかったとか、墓石を建立していないなど、お墓としてあまり使わなかった場合でも、永代使用料を返してくれる所は、まずありません。

契約書にもおそらくそういった記載があるはずですが、契約書にその旨の記載が無ければ可能性はあります。

契約書に永代使用料の記載が無い場合

契約書というものは売主がくれぐれも損をしないように作ってあるものですから、永代使用料についての記載が無いことは有り得ませんが、それでも記載が無ければチャンスですので、あとは頑張って交渉してみましょう。

たとえ普通は返還されませんと言われようとも、私は普通ではありませんと答えましょう。

最初からお墓を買うべきではない

そうは言っても人情的には、少しでもいいから、返して欲しいですよね。

しかし、私から言うのも変ですが、お墓を買っても使う可能性が無いようなことが最初から分かっていれば、最初から買わないことです。

次のような方はお墓を買ってはいけません

  • 引っ越しする可能性がある
  • お金に余裕のある内にとりあえず買っておこうと思う
  • 子供が女ばかりである
  • 息子が居るが遠くに住んでいる
  • 息子が近くに住んでいるが転勤の可能性がある
  • 息子が居るが独身である

霊園なんて、無情なもので、買う時にはサービス満点ですが、いざ解約となると、とても冷たいものなのです。

永代使用料は返ってこないし、墓じまいにもまとまった金額がいるし、とにかくお墓というものには、お金がかかるものなのです。

墓じまいの仕事をしていますと、まだ新しいお墓なのに壊すなんてもったいないと思うことがよくあります。

そんなことに無駄なお金を使うのであれば、もっと有意義なことに使った方が良いと思います。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答