先の見えない時代

亡き人をお送りすることは、たくさんの人が居れば皆で力を合わせることによって自然と出来る事であり、亡き人のことを送って、そして送られて、ということは悩むことなく続けられてきたことを古くから繰り返してきたのです。

今の時代は後継者が居ない方が増えており、おまけに新型コロナのような国難が襲い掛かってきて、先の見えない状態に突入してしまいました。

大勢の人でお送りすることは出来なくても、自分一人だけでも送って差し上げようと思っていた矢先の国難は、皆をまるで暗闇の世界に突き落とすかのような出来事です。

こういう時に投げやりな気持ちになってしまって「もういいや」と考えてしまえば、自らの人生もまた投げやりな人生で終わってしまいます。

どんな時代であれ、亡き人や神仏に対しては感謝の気持ちを持ちつつ、自らはなるべく綺麗に旅立てるように日頃から心がけましょう。

たとえ最後の一人になってしまっても、送るべき人達を全て送る任務を遂行すれば、一人ぼっちで倒れることがあっても必ず皆が温かく迎えてくれるのです。

私がそのお手伝いをさせて頂きますのでお声がけ下さいませ。