ハワイで散骨

激安散骨とは

インターネットを散骨業者を探してみますと、結構タイトルに1万円~とか2万円~などの料金を謳った散骨業者がたくさん出てきます、中には数千円の値段を掲げた業者もあり、散骨って意外と安くで頼めるんだなあと思ってしまいます。

激安散骨の仕組み

散骨は届け出制や許認可制ではありませんので悪徳業者が多く、おまけに各種業種の業績不振による転業としての新規参入が後を絶ちませんので、何とか目立つようにと2万円前後の代行散骨で激安合戦を繰り広げ、葬祭の心得の無い廃棄処分としての散骨で溢れていますが、これでは名ばかりの散骨で無縁仏が増えるばかりです。

最初から採算度外視で始めた散骨の仕事が入っても、まともな散骨が出来る訳なく、特に代行(委託)では依頼主の目が届かないことを良いことに、遺骨を捨ててくるようなことをしているのです。

散骨証明書などは後からどうにでも作成できますので、考えようによってはわざわざお金を出して亡き人を無縁にしてしまい、永遠に彷徨わせるという愚かなことをしているのです。

葬祭の世界の甘い汁

消費者にとってお財布に優しいということは大切なことで、どうせお金を出すのなら、少しでも安い方が良いに決まっています。

しかし葬祭の世界では昔から見積り、説明無しのぼったくり商法が営まれおり、特に葬儀に関しては突然人が亡くなるものですから、長い看病で疲れていたり、最愛の人が亡くなったような場合にはまともな判断が出来る訳なく、葬儀社の言われるままに進められていくのです。

その結果として1万円で仕入れたものが30万円になったり、本来は不必要な物まで購入されたり設置されたりして、後で来た請求書にびっくりということがあるのです。

人の不幸にかこつけた商売というものは、善人面をした人が裏では粗利を稼ぐというのが昔からの定番ですが、以前に新聞や雑誌、マスコミなどの調査で葬祭に関する不満度が高く、徳に価格に関しての不満度が高かったことから、現代では家族葬や密葬、場合によっては直葬などの低価格メニューが支持されています。

激安散骨に騙されるな

葬祭の世界が昔から悪徳商法があったからと言って、今の時代もそれが許されて良いということではありません。

激安でも最低限の散骨と言えれば問題無いのですが、実際は捨ててくるような散骨では亡き人が永遠に迷いますので、私は声を大にして騙されてはいけないと叫び続けるのです。

激安散骨とは実際には2万円前後の散骨です、1万以下の散骨もあります、送料なども負担して収益があまり出ない状態で受けても、まともな散骨が出来る訳ありません。

粉骨も然り

粉骨も同じです、激安業者は電動粉砕機に遺骨を入れてスイッチを押すだけですから、遺骨にそんなことすればその時点で完全に迷います。

粉骨も葬祭であり、儀式が必要なのです。

ルールやマナーが無くなった

我が国には散骨に関するルールやマナーが全くありませんので、散骨がまだ充分に普及していなかった頃にはいろんな団体がルール作りに取り組んでいました。

ルールやマナーが無い状態では散骨が禁止されるかもしれないという危機感があったからです。

しかし近年では散骨に対して半ば公認状態になった途端に大手企業や葬儀社が参入してルールやマナーの無い状態で散骨が行われていますので、これだと別に船に乗らなくても岸から散骨すればいいじゃないかと思うほど岸から近く、或いは橋の上から散骨すればいいじゃないかと思うほど橋の下でと、ルールやマナー無視の散骨が横行しています。

散骨と言えども本来は葬祭である

散骨は大自然中で形式に捉われない自由な葬祭ということで多くの人に受け入れられています。

故人から「死んだら海に撒いてくれ」と言われていたら、海の上で思いっきりパーッと遺灰を撒いてあげたら亡き人が喜んでいる姿が目に浮かびます。

亡き人の立場に立つのが葬祭の基本であり、散骨と言えども葬祭なのです。

NPO法人として

NPO法人やすらか庵の散骨はどのメニューも必要なことは絶対に省略しないという信念を貫いていますので、安売り合戦に参加しません。

亡き人に旅立って頂く事、そして迷わぬ事、そして最高に喜んで頂く事が全てです。