墓じまいとお焚き上げ

お墓の副葬品

墓じまいをしていますとお墓の中から副葬品として実にいろいろな物が出てくることがあります。亡き人が使っていた物や眼鏡、時計、入れ歯などですが、お遺骨は改葬して改葬先に移したり散骨したりしますが、こういった副葬品に関してはどうしたら良いのでしょうか。

実際に出て来た物

お墓の中から出て来た物

お墓のカロート(納骨室)や土葬の土の中から実際に出て来た物として時計、眼鏡、指輪、入れ歯、位牌、御札、写真、文房具、筆箱、財布、硬貨、古銭などの物が出てくることがあります。

こういった物は、亡き人があの世の生活で困ることの無いようにとの思いで手向けられるものです。硬貨に関しては三途の川の渡し賃として入れることが多く、本当は六文銭を入れるのですが、今の時代実際の六文銭を揃える事は困難ですので、替わりの硬貨を入れるようです。

副葬品が出て来たら

お焚き上げ供養

お墓の中から副葬品が出て来たら、捨てて良いものかどうか悩んでしまいます。亡き人のために入れたものだとしたら、それを取り上げることは少々罪の意識にかられます。

次の改葬先が樹木葬であったり、散骨の場合には粉骨することが条件となりますので、例えば眼鏡や時計などは粉砕することも出来ませんし、一緒に入れる訳にもいきません。

こういったことでお困りでしたら、代表が僧侶をしている高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養をご利用ください。金属などは実際にはお焚き上げ出来ませんが、毎日読経供養してお焚き上げ当日には実際の火にかざして供養させて頂きます。そうすることで供養品は亡き人に届けられるのです。