墓じまいとお焚き上げ

墓じまいとお焚き上げ

墓じまいをしていますとお墓の外には大漁の塔婆が、そしてお墓の中から副葬品として実にいろいろな物が出てくることがあります。亡き人が使っていた物や眼鏡、時計、入れ歯などですが、お遺骨は改葬して改葬先に移したり散骨したりしますが、こういった副葬品に関してはどうしたら良いのでしょうか。

塔婆とは

お墓の塔婆

塔婆は亡き人の法事をした時に作る故人のための供養塔であり、何回忌の法事をしたと書いてありますので、誰の何回忌の法事をしたかが分かります。

また何回忌と言う法事の数字が多くなるにつれ、塔婆も大きくなってきます。

次の法事をした時に新しい塔婆を持って行くのと引き換えに古い塔婆は外してお墓の空き地で燃やしたりしていたのですが、最近はそのような事が出来なくなってしまいましたので、古い塔婆置き場が設置されていてある程度まとまった時点で処分してくれる所もありますが、大抵はそのままにしておいて新しい塔婆を重ねることが多いようです。

塔婆も基本的にお焚き上げ供養いたしますので、NPO法人やすらか庵の墓じまいを利用された方には無料で引き取らせて頂きます。

お墓の中から出て来た物

お墓の中から出て来た物

お墓のカロート(納骨室)や土葬の土の中から実際に出て来た物として時計、眼鏡、指輪、入れ歯、位牌、御札、写真、文房具、筆箱、財布、硬貨、古銭などの物が出てくることがあります。

また骨壺とは別に位牌が入れてあることもあります。

こういった物は、亡き人があの世の生活で困ることの無いようにとの思いで手向けられるものです。硬貨に関しては三途の川の渡し賃として入れることが多く、本当は六文銭を入れるのですが、今の時代実際の六文銭を揃える事は困難ですので、替わりの硬貨を入れるようです。

副葬品が出て来たら

お焚き上げ供養

お墓の中から副葬品が出て来たら、捨てて良いものかどうか悩んでしまいます。亡き人のために入れたものだとしたら、それを取り上げることは少々罪の意識にかられます。

次の改葬先が樹木葬であったり、散骨の場合には粉骨することが条件となりますので、例えば眼鏡や時計などは粉砕することも出来ませんし、一緒に入れる訳にもいきません。

こういったことでお困りでしたら、代表が僧侶をしている高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養をご利用ください。金属などは実際にはお焚き上げ出来ませんが、毎日読経供養してお焚き上げ当日には実際の火にかざして供養させて頂きます。そうすることで供養品は亡き人に届けられるのです。