遺骨はお墓に入れないといけませんか?

答え

火葬が済んで持ち帰ったお遺骨は、お墓にいれなければならないという決まりはありません。何十年でもお家にお祀りしていても法的には全く問題ありません。

通例では亡き人のお遺骨は四十九日まで家の祭壇にお祀りしてから四十九日の法要が済んだ時点で、お墓に納骨します。

お墓の無い人にとってはお墓を買うということは金額的なことや、後継者が自分の墓をお参りしてくれるかどうかのことを考えると、なかなか手が出ません。

急いでお墓を買って納骨してしまうと、万一の墓じまいの時に取り出すのに面倒になったりしますので、家に安置しておいてゆっくりと考えた方が得策です。

お墓に納骨しますと埋葬行為になりますので、以後はお墓の引っ越しである「改葬」しか出来なくなりますのでご注意ください。

合葬墓或いは合同祀タイプの墓地も出てきましたが、他人と一緒に埋葬されることに抵抗を感じる方もおられます。また、お墓があっても入りたくない人や入れない人もいるものです。

今現在お墓がある人でも、後継者がいなければ、いずれ墓じまいということになりますので、急いで納骨する必要はありませんが、せっかくお墓があるのだから、一度は納骨して差し上げてから後で墓じまいをという考え方もあります。

火葬後のお遺骨はもちろんそのままご自宅にお祀りしても構いませんが、どうしてもそのままでは威圧感を感じてしまうものです。

粉骨すれば容量が小さくなりますので、小さな容器に入れてお祀りするという方法もあります。

しかし、たとえ粉骨してもいつかは何とかしなければいけないことに変わりはありません。

散骨という方法が最近では一般的になりましたので、検討してください。


まだまだありますお墓に関する質疑応答エンター

前 やすらか庵では「受入証明書」の発行は可能ですかエンター

次 自分の代で家が絶えてしまいますが、お墓をどうしたらよいですかエンター