寺院で高額な永代供養墓をすすめられた

答え

寺院の墓地を持っている場合には、後継者が無い人のために永代供養墓の施設を持っていたとしたら、墓じまいした後のお遺骨の受入先として、当然その永代供養墓をすすめられます。

お寺さんとの付き合いも良好で、料金的に納得できるのでしたら、可能な限りその施設を利用した方が良いでしょう。

墓じまいはしなければいけませんが、お遺骨を改葬しなくて済みますし、誰か墓参りしていたような人に対しても、お墓は無くなりましたが、永代供養墓に納骨してもらいましたと案内すれば、ご先祖様のお墓参りが出来ます。

しかし、場合によってはあまりにも高価であったり、お寺さんとの付き合いが嫌で離檀することを考えているのなら、お断わりしたいものです。

永代供養墓の相場というものは、ありませんので、その寺院の格式や都会であるか地方であるか、などの要素によって違ってきます。

皆さんが高いと思っていても、それが妥当な金額であるということも良くありますので、判断が分からなかったらお気軽にご相談くださいませ。

遺骨を管理し続けるという責務を肩代わりしてくれて、永代に亘って供養してくれるなら、少々高くてもいいのかもしれませんが、高いか安いかは、お互いの価値観で決まるものです。

しかしながら、例えば数百万円の金額を言われた場合には、そう簡単に出せる金額ではありませんので、その気が無いのであれば、お金がないとはっきり言うべきです。

最初から利用する気が全く無い時には、はっきりとお断わりいたしましょう。

しかし、次の受入先が決まっていない中で話を持って行くのは、お寺さんに説教されるだけですので、少なくとも次の受入先だけはしっかり内定しておきましょう。

大体において、次の受入先が同じ宗派の寺院の場合には、快く了承するもので、違う宗派でも寺院なら文句を言われずに済みます。

しかし、次の受入先を決めるのは本来、誰においても全くの自由のはずですので、自分の意思を貫き通せば、最後には向こうも折れるものです。

交渉に出かける時には、菓子折りとお布施を包んでいきましょう。

向こうもそれなりの時間を取ってくれるのですし、物を持っていくかどうかで、相手の対応も違うものです。

しかし、最近いろんな寺院に墓じまいの用で出かけますが、私でも菓子折りぐらいは必ず持参しますが、皆さんが交渉するのが嫌だという寺院では、袋を見て、何この安物?という顔をされるものです。

なるほどな、これでは嫌われるという同情の思いと、あなたにあげているのではありません、本尊様へのお供えと言ったでしょ、という気持ちがこみあげてきますが、怒りの気持ちは煩悩ですから、涼しい顔をしておきます。

NPO法人やすらか庵では安心安価の散骨や樹木葬、合葬墓といった受入もあります

NPO法人やすらか庵の散骨は…安心安価の散骨エンター

NPO法人やすらか庵の樹木葬は…安心安価の樹木葬エンター

NPO法人やすらか庵の合葬墓は…安心安価の合葬墓エンター

何か困ったことがありましたら、お気軽に無料相談エンターご利用ください。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答エンター

前 抜魂供養とは何ですかエンター

次 隣のお墓との境界線が分からないエンター