墓じまいをするのに適切な年齢とは

墓じまいに適切な年齢とは

後継者がいないと分かっている場合には、いつか墓じまいをしなければいけませんが、年齢的にそれは何時がよいのでしょうか。

後継者が居ないという判断

墓じまいをする理由として最も多いのは、後継者が居ないという理由ですが、後継者が居ないということが確定するには何をもって判断したら良いのでしょうか。

  • 生涯結婚しなかった
  • 結婚したけれど子供が出来なかった
  • 子供が女性ばかりなので後を継がせたくない
  • 男の後継者が居るが海外に移住した
  • 男の後継者が居るが墓の継承を拒否された
  • 男の継承者が居るが新興宗教に入って先祖供養を否定する
  • 妻の親元の墓までは長男に継がせたくない

などのいろんな理由がありますが、家族構成や住む場所、考え方、宗教の違いなどでお墓を引き継ぐことが出来なくなったと最終的に判断するのは、他に後継者の可能性が無くなった時です。

早すぎても良くない

いずれ後継者が居なくなるからと早めに墓じまいをしてしまえば失敗することも実際にあります。

たとえば娘ばかりの姉妹で後を継がせるような気持が無い場合に、早めに墓じまいしますと夫婦として面倒を見る気持ちがあったけれど、余計な事が言えなかったということもあります。

果たしてそのようにしたとしても、将来的に次の世代に火気付けるかという新たな問題も出てきますので、何とも言えませんが、ある程度の話し合いも必要かと思います。

親心(おやごころ)というものは自分の娘たちに迷惑を掛けたくない、自由にしてもらいたい、という気持ちの現れですが、墓じまいに関してはあまりに早すぎても良くありません。

ご先祖様の側から見れば、面倒だから早く片付けたと思われても仕方ありません。

遅すぎたらアウト

人は皆大体においてまとまつたお金が必要な事に関しては、後回しにしがちです。

そしていつかはしようと思っている事なら、まだ大丈夫、まだ大丈夫ということでどんどん時間が経過して行くものです。

あまりに遅すぎたので病気になってしまい、ついに出来なかったとか、体が動かなくなってしまったなどの病気や老化現象は高齢になればなるほど重症化してしまいます。

あまりに遅すぎてもいけません。

ちょうど良い年齢は

後継者が居ないと分かっていて墓じまいしようと思っていても、自分がいつまで生きているかが分かれば計画出来るのですが、そんなことは誰にも分かりません。

私はこれまでに多くの方に墓じまいのアドバイスをさせてもらったり、実際の墓じまいの施工をして参りましたが、その中で痛感することは、自分自身がある程度の年齢になり、もうそろそろお片付けの準備をしておかないといけないな、と思ってから少しずつお片付けするのに、10年は必要だということです。

80歳まで生きるとしたら、自分のお片付けをするのに、70歳から始めておかないと、間に合わないのです。

墓じまいは自分自身のお片付けではありませんが、やらなくてはいけない大切なお片付けなのです。

実際に墓じまいをするにしても、半年から1年ぐらいかけて完了するのですから、人生最後のお片付けとして、墓じまいをするのであれば、70歳を迎える方は、もう始めないといけません。

まだ大丈夫だと思っていても、時間の過ぎるのは、早いものですよ。


まだまだあります墓じまいに関する質疑応答