「お墓」タグの記事一覧

桜木霊園の墓じまい

お墓 墓じまい
桜木霊園の墓じまい

桜木霊園について 桜木霊園は千葉県千葉市若葉区桜木1-38-1にあり、総面積は134,469平方メートル、総区画数9,058区画の市営霊園市営霊園で、和式墓地、芝生墓地などがあり、合葬墓も備えています。 桜木霊園の歴史・・・・

散骨時に喪主の挨拶は必要ですか

散骨時に喪主の挨拶は必要ですか 答え 散骨は葬送の儀でありますからある意味厳粛にということでは喪主の方のご挨拶なども必要なことです。このご挨拶ですが、例えば職場の方とか友人、知人などの広い範囲で多くの人をご招待しての散骨・・・

分骨したお遺骨は散骨出来ますか

分骨したお遺骨は散骨出来ますか 答え 分骨したということは本骨がある訳で、分骨して納骨などの目的で分骨されたことだと思いますが、何らかの事情で納骨出来なくなったり、納骨を止めたりした場合に、分骨したお遺骨をどうしようかと・・・

料金が安すぎる散骨について

料金が安すぎる散骨について 答え 我が国の人口は減り続け、少子高齢化、核家族化などの減少が進行し、高齢化社会に突入すると共に次々と家が絶えていき、後継者の居ない方の墓じまい、散骨などの需要が増えているのです。 お墓を買え・・・

やすらか庵の海のチャーター散骨を教えて

やすらか庵の海のチャーター散骨を教えて 答え NPO法人やすらか庵の海の散骨にはご遺族の方が船に一緒に乗船するチャーター散骨と、一緒に乗船せずにNPO法人やすらか庵に散骨をお任せする代行(委託)散骨があります。 チャータ・・・

土に還る納骨法

山に散骨して3年後

現代のお墓の問題点 現代のお墓は絶対に土に還らない仕組みになっています。コンクリートで固められた納骨室(カロート)の中に遺骨の入った陶器の骨壺を納めるのですが、経験上100年経過しても中の遺骨の形はそのまま残っています。・・・

お墓の遺骨の乾燥と再火葬

お墓の中の骨壺

お墓の中の遺骨 お墓のカロートの中に長期間納骨してあったお遺骨は、取り出して蓋を開けてみますと、必ずと言っていいほど水が溜まっていますので、このような状態では粉骨することが出来ません。 水分を含んだ状態の遺骨は乾燥させな・・・

お墓のお墓が必要である

墓じまい
お墓のお墓

NPO法人やすらか庵では墓じまいのためにいろんな所に行かせて頂きますが、お墓というものに基本的な理念があるのは都立の霊園位のもので、普通の霊園は例えば100年後、1000年後のことなど全く考えていないと思われます。 都立・・・

入るべきお墓があるが散骨を望む

入るべはお墓はあるのだが 答え お墓に対しての価値観や家族内での人間関係などで、入るべきお墓があるにも係らず入りたくない、散骨して欲しいという方もおられます。 お墓というものは、子孫長久を願い、一族の平和を願って創られた・・・

ページの先頭へ