「供養」タグの記事一覧

遺骨を食べても大丈夫ですか

骨を食べる

遺骨を食べることについて 大切な愛する人を失ったという悲しみはとても大きくて、心の中にぽっかりと開いた穴は中々ふさがらなく、どうしようもない気持ちから、思わず骨壺の蓋を開けて遺骨を食べてしまう人が意外と多いですが、少量な・・・

遺骨の喉仏だけ残す「喉仏供養」

喉仏供養

斎場で火葬した後の遺骨は関東では7寸(直径約21cm)、関西では5寸(直径約15cm)の骨壷に納められます。 左が関西サイズ、右が関東サイズの骨壷です。 東西の収骨の違い 同じ人が火葬されても関東と関西ではお遺骨を入れる・・・

散骨供養と墓じまい

供養の気持ち

都会もしくは都市部で生活している者にとって、今の時代、お墓というものは50年も経てば、ほぼ確実に後継者が居なくなっています。親、子供、孫と続いている家系でも、皆が別々の所に暮らしているのですから、一族のお墓というものは必・・・

供養

遺品整理とお焚き上げ

供養とは 供養とは神仏や亡き人のために奉仕したり祈りを捧げたりすることで、神仏や亡き人に対して心や体を使って奉仕したり祈りを捧げることで感謝の気持ちを表すことです。 供養は宗教行為です 供養は目に見えない方に対する行為で・・・

海の散骨

散骨を検討されている方へ

NPO法人やすらか庵の海の散骨は、東京湾、東京湾観音、相模湾があり、一緒に乗船しない代行(委託)散骨と、一緒に乗船する立会い散骨があります。

森の散骨

森の散骨-個別に散骨

森(山)の散骨は、必ず所有者がいますので、所有者の了解を得る必要があります。 皆が登山で登る山で国有林であっても、自由に立ち入れは出来ますが、個人的な利用は認められていません。 森の散骨の注意事項 山登りが好きな人は、素・・・

お焚き上げ供養実施

供養

本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2015年12月18日、皆様からお預かりした 仏壇、仏具、遺品などの供養品を、 お焚き上げ供養いたしました。 高野山真言宗やすらか庵の行事の中での実践です。 やすらか庵での焚き上げ・・・

散骨利用でお焚き上げサービス無料

散骨利用でお焚き上げ供養無料 NPO法人やすらか庵の代表は高野山真言宗やすらか庵の代表僧侶でもあります。高野山真言宗やすらか庵で有料でお受けしている寺院のお焚き上げを、無料でご利用になれます。 立会い・出張利用の粉骨をご・・・

粉骨-遺骨の粉末化-

手作業の粉骨

粉骨とは 粉骨とは散骨などの目的で亡き人の遺骨である焼骨を粉末にすることで、粉砕機もしくは手作業で焼骨を潰す、粉砕するなどして粉にすることです。 粉骨すれば収納容積が減り、散布した場合に自然に還り易くなります。 もっと詳・・・

ページの先頭へ