「骨壷」タグの記事一覧

骨壺とは

散骨 粉骨
骨壺

骨壺とは 骨壺とは人や動物が亡くなった時に火葬した焼骨、もしくは土葬をした後に残る遺骨を入れる容器のことです。 骨壺の歴史 土葬の時代には遺体を土中に埋葬して土に還すために骨壺を使用することはありませんが、沖縄では洗骨と・・・

関東と関西では収骨の仕方が違う

骨壺の大きさ

火葬は日本国民の住民サービス 我が国では誰であっても国民としての最低限度の権利が保障されていて、病気や怪我で生活が困難にっなた場合などの生活保護は生きる権利として保障され、亡くなった時の火葬も必ず受けることが出来るように・・・

土に還る納骨法

山に散骨して3年後

現代のお墓の問題点 現代のお墓は絶対に土に還らない仕組みになっています。コンクリートで固められた納骨室(カロート)の中に遺骨の入った陶器の骨壺を納めるのですが、経験上100年経過しても中の遺骨の形はそのまま残っています。・・・

骨壺の蓋の開け方

骨壺と蓋

骨壺の蓋を開けるには 骨壺の蓋は上から被せるだけでなく特殊な構造になっていることがありますので、普通に持ち上げても開かないようになっていますが、その構造が分かれば簡単に開きます。 骨壺とは 骨壺とは人やペットの遺骨を入れ・・・

お墓の遺骨の乾燥と再火葬

お墓の中の骨壺

お墓の中の遺骨 お墓のカロートの中に長期間納骨してあったお遺骨は、取り出して蓋を開けてみますと、必ずと言っていいほど水が溜まっていますので、このような状態では粉骨することが出来ません。 水分を含んだ状態の遺骨は乾燥させな・・・

遺骨の喉仏だけ残す「喉仏供養」

喉仏供養

斎場で火葬した後の遺骨は関東では7寸(直径約21cm)、関西では5寸(直径約15cm)の骨壷に納められます。 左が関西サイズ、右が関東サイズの骨壷です。 東西の収骨の違い 同じ人が火葬されても関東と関西ではお遺骨を入れる・・・

なるべく安く、節約の墓じまい

カロートの中の遺骨

☆墓じまい総合メニューはこちらです☆ 墓じまいをなるべく安く 墓じまいには「墓の撤去」と「遺骨の改葬」の2つが必要で、墓の撤去は墓石やコンクリートを撤去して更地に戻すこと、改葬とは埋葬された遺骨を別の場所に移すことです。・・・

墓じまいの時に閉眼(抜魂)供養は必要ですか

墓じまい-供養

墓じまいの時に閉眼(抜魂)供養は必要か 答え 仏式で仏教形式の時には必要ですが、無宗教の時などはしないことがあります。 閉眼供養とは 墓じまいの工事をする前には僧侶を呼んで閉眼(抜魂)供養をするのが通例ですが、この閉眼供・・・

お墓のふたの開け方

お墓のふたの開け方

☆墓じまい総合メニューはこちらです☆ お墓のふたの開け方 墓じまいをする前に、お墓の中の遺骨を確認したい時に、そのふた(拝石)をあける仕事は、石屋さんでないといけないという決まりはありません、自分で開けても法的には全く問・・・

やすらか庵の墓じまい-代行サービス

墓じまい

☆墓じまい総合メニューはこちらです☆ 子孫長久を願って作られたお墓も、いざ片付ける身になると、ご先祖様に悪いような、なんとなく後ろめたい気持ちになるものです。 やすらか庵の墓じまい-代行サービス NPO法人やすらか庵の墓・・・

ページの先頭へ