「遺骨」タグの記事一覧

古い遺骨は1つの壷にまとめても良いか

古い遺骨は1つの壷にまとめても良いか 答え:できます。 長い年月を経過した遺骨の入った骨壺を一まとめに出来れば、スペース的に余裕が出来てお墓を長く使う事が出来ます。 古い遺骨の基準 仏式では33年か50年で「弔い上げ」と・・・

土葬の遺骨はどんな感じですか

土葬の遺骨はどんな感じですか 答え 関東では昭和以前の明治時代ぐらいでは土葬で埋葬され、場合によっては昭和の30年ぐらいまで土葬だった所もあり、土葬の場合には遺体を棺桶に入れてから土の中に埋葬され、時間の経過と共に棺桶や・・・

遺骨の重さはどれ位?

粉骨

遺骨の重さはどれ位? 答え 遺骨の重さは大人や子供、男女、年齢によっても変わりますが、一般的に2~3kgです。 関東と関西の違い 亡き人を荼毘に付して収骨するのに関東と関西では収骨する量が違っていて、関東では全部の骨を灰・・・

遺骨を陶器の骨壺に入れる理由は

遺骨を骨壺に入れる理由は 答え 亡き人の身体を荼毘に付した後に遺骨を収骨する容器は何故陶器の骨壺なのでしょうか。それにはちゃんとした理由があるのです。火葬が済んだばかりのお遺骨はまだとても熱くて、手で触れると火傷をするく・・・

遺骨を持って国内線に乗るには

遺骨-手荷物

遺骨は機内持ち込みできますか?(国内線) 遺骨の機内持ち込み 近年では航空機に乗って遠方で散骨される方が増えて参りました。亡き人をあの世にお送りする葬祭という意味では、心を込めて皆でお送りするということが大切であり、故人・・・

粉骨証明書無料で発行致します

粉骨証明書

粉骨証明書とは 粉骨証明書とは故人様のお遺骨をNPO法人やすらか庵で間違いなく粉骨しましたよ、ということを証明する法人としての証明書の事です。 粉骨証明書が必要な理由 例えば粉骨したお遺骨(遺灰)を持って航空機に乗る場合・・・

遺骨の上手な保管方法は

遺骨の上手な保管方法は 答え 火葬場で亡き人を荼毘に付した後に遺骨を収骨して骨壺に入れて持ち帰りますが、お墓が無い方や、将来的にも買うような予定が無い場合には、散骨などを考える必要がありますが、自宅にお遺骨を骨壺のままで・・・

骨壺の中の遺骨が軽いのですが

骨壺の中の遺骨が軽いのですが 答え 亡き人が骨粗しょう症などの病気で骨がもろかった場合には、火葬したあとの遺骨がまるでスポンジのようにボロボロになっていることがあります。 こういった場合には形を留めている骨が少なくて、粉・・・

ページの先頭へ