「火葬」タグの記事一覧

関東と関西では収骨の仕方が違う

骨壺の大きさ

火葬は日本国民の住民サービス 我が国では誰であっても国民としての最低限度の権利が保障されていて、病気や怪我で生活が困難にっなた場合などの生活保護は生きる権利として保障され、亡くなった時の火葬も必ず受けることが出来るように・・・

遺骨を食べても大丈夫ですか

骨を食べる

遺骨を食べることについて 大切な愛する人を失ったという悲しみはとても大きくて、心の中にぽっかりと開いた穴は中々ふさがらなく、どうしようもない気持ちから、思わず骨壺の蓋を開けて遺骨を食べてしまう人が意外と多いですが、少量な・・・

遺骨の喉仏だけ残す「喉仏供養」

喉仏供養

斎場で火葬した後の遺骨は関東では7寸(直径約21cm)、関西では5寸(直径約15cm)の骨壷に納められます。 左が関西サイズ、右が関東サイズの骨壷です。 東西の収骨の違い 同じ人が火葬されても関東と関西ではお遺骨を入れる・・・

埋葬行為について

お墓

埋葬行為とは故人の遺骨をお墓に埋めることを言いますが、実際はお墓の中に骨壷を安置することが埋葬とされてきたので、様々な問題が出てきているのです。

天皇が火葬を望む理由

供養

2012年4月26日、羽毛田信吾宮内庁長官は定例会見で、宮内庁は天皇皇后両陛下のご意向を受け、両陛下がご逝去の際、皇室の伝統である大がかりな“土葬”ではなく、一般的な“火葬”を検討していることを発表しました。さらに両陛下・・・

遺骨に色が付いている理由

骨に色が付いている

遺骨に色が付いている 火葬場で荼毘に付された焼骨には様々な色が付いていることがありますが、故人が服用した薬、棺桶に入れた花、副葬品などの様々な物が燃焼時に炎に反応して遺骨に付着した色という事が多いです。 遺骨に付いた色 ・・・

火葬後の手続き

葬儀、火葬が終わって 葬儀、火葬が終わると、故人様のお遺骨は一旦、自宅に持ち帰ることになります。お葬式や火葬などは人の応対で慌しく時間が過ぎてしまうので、自宅に帰った瞬間、故人様にとってもご遺族にとってもやっと訪れた安堵・・・

火葬後の手続き

供養 散骨

やすらか庵のお役立ち情報に「散骨の前に」を追加しました。その中の「火葬後の手続き」の内容は火葬が済んで故人様のお遺骨を自宅に持ち帰ってからするべき手続きを詳細に書いています。結構あれこれとたくさんあり、大変ですが、チェッ・・・

ページの先頭へ