淳和天皇(786~840)は葬送の簡略と散骨を遺詔し、没後はそれに従って山中に遺骨が撒かれました 画像は私が描いたイメージです 淳和天皇とは 桓武天皇の第三皇子で母は藤原百川の娘旅子であり、大同5年(810)の薬子の乱後・・・