コロナウイルスと墓じまい

世の中コロナウイルスの脅威が拡がっていることにより自粛ムードの嵐でレジャーや行楽を控え、仕事にも支障が出て息も絶え絶え、明日にでも会社が倒産という状況の中では、墓じまいは以前から予定していた場合は別として、こんな時にするのは止めておこうという気持ちになるものです。

今は非常事態ですから確かにやむを得ないことであり、自分が生きていくことに専念しないといけません。

しかしながら墓じまいでは人ごみの中に出かける事がありませんので、ウイルスの影響を受ける確率はとても低く、あまり神経質になりすぎるのも良くないかと思います。

昔から困った時にこそ先祖のために使う時間とお金をケチるべからず、と言われるように、いつかは必ずしなければいけないことであればあまり迷っている暇はないかもしれません。

自らの人生の中でどうしても成し遂げなければいけない事があるとすれば、年齢を重ねる度に命のロウソクが減っていくのですから、まだロウソクが残っている間にしなければいけません。

ロウソクの残りが分かれば良いのですが、あとどれ位かは誰にも分からないことでありますが、減っているという事だけは間違いないのです。