新型コロナと墓じまい

2020年は新型コロナの多大なる影響を受けて仕事や家庭に支障をきたしている方が多いかと思いますが、今年は年始早々から感染爆破による非常事態宣言で、この先どうなるのかの予測が全くつかない状況に突入しています。

オリンピックの開催も危ぶまれるような状況ですから、今年は墓じまいをしたら良いかどうかの判断に困る方も多いかと思います。

屋外のお墓の墓じまいでしたら新型コロナの影響は気にしなくても大丈夫です。

立会で依頼主が出かけるのは最後のお墓参りの時で、僧侶を呼んで読経をしてもらい、石材店にお墓の蓋を開けて骨壺を出してもらい、次の改葬先に持って行きます。

お墓参りに立ち会う人は考えられる人は全て呼ぶ必要がありますが、墓じまいに来られる方は大体少ないものですが、来られた方には手土産のみにして、お食事は控えた方が良いかと思います。

墓じまいはご先祖様を無縁仏にしないための大切な儀礼になりますので、しなかったり出来なかったりしますと、後で多大なる後悔の念を背負うことになります。

世の中の状況がいかなる状況であっても自らの命は確実に短くなっているのですから、するべき時にはするという確固たる信念が必要かと思います。

但し今の世の中の状況では参加される人は極力少なくして、電話連絡などで失礼を詫びつつ、ご連絡するのがよろしいかと思います。