お墓参り

墓じまいという言葉が誰でも知っている普通の言葉になってしまい、ある意味もうお墓は要らないというように解釈しているかもしれませんが、本来は後継者のいない人がやむを得ずお墓を片付けることであり、喜ばしいことではなくて、残念なことなのです。

お墓参りの光景が続くということは、その家が繁栄している証であり、昔から家内安全と家門繁栄は誰もが願うことであり、家族の者が病気や災難が無くて平和に暮らせることと、子供や孫が増えていき、家が賑やかになることは皆の共通の夢なのです。

そういう意味では、今現在、お墓参りに行けるという人は幸せです。もしかして自分が最後の後継者という方もおられるかもしれませんが、それでもまだお墓を片付けることなく、お参り出来るということ自体、幸せなことなのです。

その幸せを感謝する対象は、もちろんご先祖様です。「お墓参り出来てありがとうございます」という気持ちでお墓参りすれば、とても気持ちの良いことなのです。