コロナウイルスの流行が始まり、一年半が経とうとしています。
様々な生活様式の変化が見られましたが、それらは大きく冠婚葬祭にも影響を与えました。

それでも人生の節目くらいは細々ながらお祝いをしたり、または慈しんだりしたいものです。

コロナ禍によっての葬儀の自粛

コロナ禍によって、私たちは人を集めるイベントを自粛せざるを得ないのが現状です。

例えば結婚式にしても長い時間をかけて計画したり準備したりしたにも関わらず、水の泡になってしまったり、余計な金額が発生してしまったりしているケースがあるようです。

葬儀の場合においても、人が死ぬのは突然な事ですから人を集めることが尚更難しく、それ故亡き人はひっそりと姿を消していくような時代になってしまったのです。

先の見えない時代

 

コロナ禍でも許される葬儀

こんな時代であっても、やはり亡き人との最後のお別れくらいはしっかりしたいものです。
一体人々はどのような対応を取っているのでしょうか?

一日葬【告別式】のみ行い、後にお墓に納骨か自宅安置

通夜式は行わず、少人数で告別式のみを行い、故人を見送る様式です。
斎場などは感染防止に徹底したスタイルで、参列者様がご安心頂けるよう臨んでいる様子です。

多少なりとも人が集まる状況になりますから、やはり気を遣うのには変わりません。

四十九日や一周忌など、適切なタイミングを経てお墓へ納骨します。
しかしこのコロナ禍によって、納骨を延期している方もおられることと思います。
また、お墓に納骨せずに自宅でご供養なさる方も最近では多くなりました。

直葬で見送り、後にお墓に納骨か自宅安置

所謂【火葬式】で済ます方が増えました。
身内だけで行ったり、或いは少数のみ集めて行うようにしているようです。

この場合告別式は行わないようです。

納骨や自宅安置に関しましては一日葬と同じです。

自宅安置したお遺骨の行方

お墓に納骨するのであればともかく、最近はお墓にお遺骨は入れずに自宅で供養なさるという方も多いのが事実です。

しかし、いつまでもそうしている訳にもいきません。
万が一自分が死んだ時、そのお遺骨はどうなるのでしょうか?
一緒にあの世へ持っていけるわけでもありませんから、ある程度してそのタイミングが来たらその場所にお連れしてあげるべきと思います。

その場所というのもいくつか選択肢がありますから、故人様のことを想ってゆっくり決めてあげるのがよいでしょう。

骨壺の蓋を開ける前に

樹木葬へ納骨

お墓に入れないけど手を合わせに行く場所が欲しいという場合は樹木葬をご購入いただき、そこの納骨なさるのよろしいかと思います。

一般的に樹木葬は、お墓よりは安価なものが多いですが、価格や管理費の有無、契約期間はその樹木葬によって全然違いますので、契約時によく確認することが必要です。

合葬墓へ納骨

樹木葬と同じく手を合わせに行くことが出来ます。

違うのは合同で埋蔵されるので、個々としてのお墓はなくなるということです。
お墓と比べても勿論、樹木葬と比べても価格帯が安く、近年はとても人気があります。
公営の合葬墓なんかは抽選を行っており、条件などもいろいろあるため枠を獲得することもなかなか難しいのが現状です。

そして一度納骨してしまったお遺骨は、未来永劫取り出すことが出来ません。
たくさんの方と永遠にその場所で眠り続けるのです。

散骨して自然供養

自然葬や自然供養なども人気があり、近年では散骨を供養の選択にする方も増えました。
人間も因縁故に自然から生まれた生き物ですから、最後は大自然の法則通り自然に還るべきなのでしょう。

お墓や樹木葬・合葬墓と明らかに違うところは、手を合わせに行く場所がなくなります

しかし、故人様はいつでも心の中にいらっしゃいます。
私たちが供養の気持ちを忘れないことが、何よりも故人様のためであるのです。

やすらか庵の一番おすすめしたい供養は散骨供養

やすらか庵では樹木葬も運営しておりますし、同じところに合葬墓もございます。
勿論やすらか庵ではこれらも強くおすすめしていますが、今回は散骨供養に絞ってご紹介していきます。

⇒こちらもご覧ください…散骨供養

東京湾代行散骨

散骨にも様々なタイプがありますが、やはり故人様の最後をしっかり見送ってあげますのには参加型の散骨がよろしいのではないでしょうか。

参加型の散骨を勧める理由

立ち合いの散骨をお勧めする理由はたくさんありますが、主には…

  1. 散骨は密にはならないので、コロナウイルスの感染リスクが少ない
  2. 故人様にご縁のあった方々を集めて送り出すこともできる
  3. 最後まで自分の手で送り出すことが出来る。

といった事が大きな理由として挙げられます。

やすらか庵の立ち合い散骨

やすらか庵での散骨は、海の立ち合い散骨森の立ち合い散骨かお好きな供養方法をお選びいただけます。

立ち合い散骨はお遺骨を10時までにやすらか庵にお持ちいただくことが出来れば、一日で完結いたします。
流れとしては、

①朝10時にお遺骨を持ってNPO法人やすらか庵(千葉市若葉区野呂町1434-10)

②お立ち会いでお遺骨を粉骨

③車で散骨現場(海ですと船を係留させてある場所、森はやすらかの森)まで移動(自家用車でいらっしゃる場合はやすらか庵が先導させていただきます。)

④お立会いで儀式・散骨を実施

⑤午後1時半頃解散

となります。

また、散骨も立派な葬送の儀ですので、散骨前にはしっかり儀式を行います。
その際、仏教形式の儀式か無宗教用の自由形式の儀式かお選びいただけます。

やすらか庵の代表は高野山真言宗の僧侶でもありますから、亡き人をしっかり導いて差し上げることが出来ます。
ご安心ください。

やすらか庵が儀式にこだわる理由

森の散骨-個別に散骨

今の時代は、沢山の散骨業者がお手頃なお値段で散骨を提供しておりますが、しっかりした儀式もなくただお遺骨を撒いてくるような散骨は、ただそこに置いて帰ってくるのと何の変わりもありません。

亡き人からすれば、ただそこに置いて来られてどこに行けばいいのか分からなくなってしまうこととなり、結果として迷ってしまうこととなるのです。

しっかり行くべき場所へ導いてあげるためには必ず儀式が必要です。

葬送の儀の主役は亡き人なのですから、どのようにしたら亡き人に喜んでもらえ、納得したお別れにできるのかしっかり考えて差し上げるのが私達のすべきことなのです。

亡き人に喜んでいただくことが私達の願いです。

散骨についてのお問い合わせ

しっかり最後のお別れが出来る散骨をお考えの方は、是非私たちにお任せください。

これまで数々の方々を送って参りました。
参加者様からもとても喜んでいただきました。

海の散骨をお考えの方⇒チャーター(貸切)東京湾即日散骨

森の散骨をお考えの方⇒やすらかの森即日散骨

ご相談のみでも承っております。
お電話でのご相談はこちらから⇒043‐228‐1480

お電話にてご依頼・ご予約をなさる場合はこちらから⇒フリーダイヤル0120-655-480

 

お気軽にご相談ください。