遺骨の自宅保管

火葬が済んだお遺骨は一旦自宅に持ち帰り、四十九日までお祀りしてから、

お墓に納骨しますが、これはお墓がある場合の話で、お墓が無い、あるいは

作る予定が無いなどの場合には、四十九日を過ぎてもそのまま

お遺骨を自宅にお祀りし続けることになります。

四十九日

特に跡継ぎがいない方の場合には、そのままお祀りするしか方法はありません。

わが国ではお墓に入れる予定の無いお遺骨が年々増えてきているのが実情で、

自宅霊園というべき現象なのです。

そもそも自宅にお遺骨をお祀りし続けることは法的に全く問題ありません。

お遺骨をお墓に入れなければならないという法律は存在しないのです。

「墓地埋葬法」は墓地に埋葬する場合の規定であって、

自宅にお遺骨をお祀りすることは埋葬行為ではないからです。

しかし実際問題、お遺骨を大きな骨壷のままで自宅にお祀りしていると、

人によっては恐怖感や圧迫感を感じるもので、精神衛生上、

あまり好ましいことではないかもしれません。

お遺骨の骨壷を見るのが怖いという方で、自宅の押入れの中に

お遺骨をしまってあるという方もおられました。

自宅霊園

自宅にお遺骨があるという事実よりも、大きな威圧感のある骨壷の存在が

どこの家であっても、室内の雰囲気に合わないのです。

お気に入りの花瓶ならどこに飾っても素敵ですが、

骨壷はどこに飾っても違和感を感じてしまいます。

お墓に入れる予定が無いのであれば、お遺骨を粉骨しましょう。

粉骨すれば容量は3分の1程度になりますので、小さな入れ物に入れることが出来ます。

粉骨

あるいは粉骨したお遺骨のほとんどを散骨して、少しだけ残したお遺骨を

小さな入れ物に入れて身近な所に置けば安心出来ます。

今流行の手元供養品は、少しだけのお遺骨を入れるためのものです。

探せばペンダントや置物タイプなど、いろいろなデザインのものがあります。

手元供養

お遺骨の少しだけ残す部分は、喉仏をおすすめいたします。

喉仏はお釈迦様が座禅を組んだような形をしていて、

遺骨の中でも重宝される部分なのです。

少しだけ残したお遺骨は、自分が万一の場合には、一緒に棺おけに

入れてもらいます。そうすれば故人様のお遺骨を死ぬまで守った

ことになるのです。棺おけに入れるのなら、ペンダントのような

金属ではない素材を選びましょう。

もし自分が万一の時には、自分のお遺骨はどうなるかが心配な方は、

生前に遺言書を書き、確かな人に依頼するか、そういう人がいなければ、

やすらか庵にご相談くださいませ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ