遺骨の供養

自宅にお遺骨をお祀りすることは法的に全く問題ありません。

自宅に遺骨をお祀りし続けている場合には、どのように供養

したらよいかの考察です、まずは日常的な供養から。

骨壷の安置場所

 

骨壷の安置場所

骨壷はとても大きいですから、安置場所にはとても困ります。

仏壇に入れるには、少し大きめの仏壇が良いでしょう、

テーブルや棚の上でも構いません。

大切なことは床面に直接置かずに、少し高い位置に置くことです。

自分が座る場合の目線の位置が理想です。

骨壷を変えてみる

小さい骨壷

骨壷というものは、どうも墓に入れてくれというような形をしていて、

親しみを感じないものです。出来れば親しみを感じる小さい入れ物に

入れ替えてみることをおすすめいたします。

お遺骨を小さくするには粉骨すれば、半分以下の量になります。

長くお祀りし続けるのなら、長くお付き合いするのにふさわしいお姿に

しておきましょう。

骨壷をもっと小さくするのなら、大部分のお遺骨を散骨して、少しだけ

残したお遺骨を手元供養品でお祀りするという方法もあります。

必要なもの

小さい骨壷

故人様のお遺骨をお祀りするのに必要なものは、お遺骨以外に特別には

必要ありませんが、あればいいものとしては、

  • 写真
  • お花
  • 形見の品
  • ロウソク、ロウソク立て
  • 線香、線香立て

などです。おしゃれなミニ仏壇もいいでしょうし、

ハンカチやテーブルクロスなどの上に飾ってもよいでしょう。

供養の仕方

供養の仕方

まずは座って合掌してから、ロウソク、線香はあっても無くても構いません、

宗教を信仰されている方はお経をあげ、宗教に関係の無い方は、

故人様と心の対話をします。

これを毎日の日課にすることで、おつとめする習慣が出来ますので、

例え短い時間であっても続けることが故人様への立派な供養です。

お墓が無くても、お寺に預けなくても、これ以上の供養は

無いと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ