無縁仏について

無縁仏

無縁仏とは、縁の無くなってしまった仏(亡き人)、

つまり、お参りする人のいなくなったお墓のことです。

ここで言う「お参りする人」とは、故人の後継者のことで、

故人の後継者がいなくなったお墓は、年月が経つにつれ、

草木が生えたりして荒れ果てていきます。

無縁仏になって困る人

ご先祖様

無縁仏になって一番困るのは、何と言ってもお墓の中のご先祖様です。

子孫の繁栄を願って建てたお墓なのですから、子孫がいなくなって

誰もお墓参りに来る人がいなくなったら、どんなに寂しいことでしょう。

しかし、死人に口無し、思いは伝えられませんし、

伝えるべき相手もいません。

次に困るのは霊園などの管理者です。

管理料が入ってこなくなるし、お墓に草木が生えたりして、

近隣のお墓に迷惑をかけてしまうからです。

墓の持ち主に縁のある人を探して連絡をとる

などの苦労が増えることになります。

そして最後に困るのは、やはりお墓の持ち主であると思います。

おそらく、ご先祖様に申し訳ないことをしたという

後悔の気持ちを持ち続けるでしょうし、

あの世に行ってご先祖様が待っていたとしたら、

大歓迎という訳にはいかないと思います。

しかし、あの世も無いし、ご先祖様の世界など無いとはっきり

言い切れる人は、後悔の念は抱かないと思います。

最後のお片付け

お片付け

あの世があっても無くても、自分の背負った責任は、

自分で果たさなければいけません。

親が勝手に産んだのだから、お墓なんて自分の責任ではない、

と言ってしまえばおしまいです。

感謝することも、されることもない人生です。

しかし、最後ぐらいは綺麗に片付けてから死んでいくのが

人間としての務めではないでしょうか。

墓じまいもお片づけの一つなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ