永代供養の費用

永代供養の費用

永代供養と言えば、お寺という有難い場所で

毎日読経の声が聞こえ、定期的に法要をしてくれて、

お参りの人が線香やお花をあげてくれ、

いつまでも供養してくれるので、費用は高くて当たり前、

つい最近までそのような考えがお寺の側にも、

契約する側にもあったものでした。

そしてお寺にも格付けというものがあり、

格式の高いお寺ほどお布施などが何でも高く、

また、地方の寺院に比べて都会の寺院の方が高い傾向にあります。

プライドの高い人は、格式の高い寺院にお願いするという選択肢もあります。

お金がたくさんある人は、どうせあの世にもっていけないのですから、

自ら亡きあと、相続の争いで家族がバラバラになったり、

国に没収されるぐらいなら、このようなことに使うという手もあります。

永代供養の費用(お布施)は、各々の寺院が決めることですから、

最初から決まりも相場もありません。

私の所に相談に来られた方の中には、500万円~1千万円を超える

金額を提示された方が多数おられます。

場合によっては相手の足元を見て決めるようなこともあり、

お布施や寄付などに関して寺院はとてもトラブルが多いのです。

人口の減少、少子高齢化が加速度的に進行する現代においては、

跡継ぎのいない方が増えるばかりで、

今後はお墓を片付ける「墓じまい」をしたり、

永代供養したりする方が増えていくことが確実であり、

近年は、大手スーパーが寺院と提携して、

安価な永代供養を提供する時代になりました。

一般的に永代供養としては、5万円程度から数十万円、

100万円を超えるものまで、いろいろとあります。

どれも案内には立派な寺院の写真が並び、

豪華さをアピールしていますが、私的に言うと、

肝心の永代供養の実際の様子がほとんど無いのが気がかりであります。

問題はその中身です。

ここで確認したいこととしては

  • 年間管理費が必要かどうか
  • 最初から他の方と合同かどうか
  • 個別だとしたらいつまでか
  • 費用は一回払えばそれ以外にかからないか
  • 自由にお参り出来るか
  • 後継者が不要かどうか
  • 生前予約が出来るか
  • 無宗教、他宗教でも可か
  • ペットも一緒で可能か
  • いつまで永代供養してくれるのか
  • 遺骨は骨壺に入ったままでよいのか
  • 粉骨する必要はあるか
  • 寺院の中のどこに納められるのか
  • 名前は入れてくれるのか(有料かどうか)
  • 納骨の時に立ち会えるのか
  • 納骨の時に読経があるのか

などです。

一回頼んだらそれで終わりです、しまった、

と思ってもほとんどの場合絶対に解約出来ません。

料金や雰囲気などで安易に決めてしまうと、

後悔することになってしまいます。

急ぐ必要はありません、冷静にじっくりと考えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ