永代供養の流れ

永代供養の流れ

永代供養は、基本的には跡取りの無い方が利用するものであり、

お墓を買っても無縁墓になってしまいますし、

現在お墓がある人でも、やがては無縁墓になってしまいますので、

お墓を片付けてから永代供養するということになります。

永代供養の流れは、お墓のある無しによって違ってきます。

お墓のある人

先祖のお墓がある、自分達のお墓がある人で、

後継者がいないことが確実な場合には、

墓じまいをする必要があります。墓じまいについては、

このサイト内にある「墓じまいの流れ」を参照してください。

墓じまいの流れ

ここで気を付けたいことは、必ず次の受け入れ先である

永代供養墓が決まってから墓じまいをすることです。

今あるお墓からお遺骨を永代供養墓に移す場合は改葬届を役場に提出しますが、

改葬届は、改葬先ではなく、今あるお墓の役場に行って手続きします。

改葬届には、ご自分の署名捺印と、今あるお墓の管理人の署名捺印、

次の受け入れ先である永代供養墓の名称と住所を記入する必要があります。

遺骨1体につき、1枚記入するので、10体あれば10枚記入します。

改葬届が受理されたら、「改葬許可証」を発行してくれますので、

改葬許可証は、次の受け入れ先である永代供養墓に提出することになります。

永代供養の流れとしては、

  1. 今あるお墓の管理人に墓じまいの許可を得る
  2. 次の永代供養墓を決めて、契約する
  3. 墓じまいの業者を決める
  4. 今あるお墓の解約手続きをする
  5. 改葬届の手続きを済ます
  6. お墓のお清めをしてもらい、出骨
  7. 墓じまいの工事着工
  8. お遺骨は次の永代供養墓に持っていく
  9. 納骨手続きをする
  10. 納骨式、納骨

寺院のお墓であり、その寺院に永代供養する場合には、

基本的に改葬届は不要ですが、契約内容の変更手続きは必要です。

お墓の無い人

お墓を持っていない人で、

今自宅に安置しているお遺骨を永代供養する場合には、

永代供養墓の契約が済んでから納骨します。

この場合には改葬届は不要ですが、

火葬後に斎場からもらった「埋葬許可証」を

次の永代供養墓の管理事務所に提出します。

永代供養の流れとしては

  1. 永代供養墓を決めて契約する
  2. 納骨日に遺骨を持っていく
  3. 納骨手続きをする
  4. 納骨式、納骨

生前予約

ご先祖を永代供養すれば、これで無縁仏になることはないと一安心です。

しかし、最後に残った自分達の事も何とかしないといけません。

出来ましたら、ご先祖様と一緒の所がよろしいかと思いますので、

ご先祖様を永代供養する時に自分達も生前予約しておけば安心です。

ご先祖様を粗末な所に入れておいて、

自分達だけ立派な所に入るようなことはダメです。

そのようなことをすれば永遠の怒りを買うかもしれません。

良く出来た人なら自分達は粗末な所に入り、

ご先祖様を立派な所に入れます。

理想としては、皆同じ所に入りましょう

サブコンテンツ

このページの先頭へ