読売新聞に掲載されました

お墓を造った時にはお祝いをして、おめでたい雰囲気で、

子供や孫が参ってくれるかと思うと、

未来が明るくなるものですが、

墓じまいというものは造るということではなく、

壊すということになりますので、

跡継ぎがいない、誰も面倒見てくれない、など

どうしてもマイナスのイメージとなってしまいます。

しかし、わが国では人口減が確実なものとなり、少子高齢化が

どんどん進行する中で、墓じまいは避けて通れない問題となっているのです。

決して明るい話題ではありませんが、自らの人生を綺麗に

終わらせるには、ご先祖様を放っていてはいけません。

最終的にはご先祖様にも喜んで頂ける墓じまいをすればよいのです。

片付けるべきはちゃんと片付けておけば、

有意義な人生を送れるということにもつながるのです。

皆で真剣に考えていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ