墓じまいは明日の我が身

墓じまい

わが国では人口の減少と高齢化が確実に進行しています。

結婚して苗字を引き継ぎ、家を守っていくことの延長線上に

お墓というものがありましたが、

家を守っていくということの意義が薄くなり、

更には守っていくべきものが何も無いという現実により、

家という制度そのものが崩壊しているのです。

故郷にある父母の家は住む人がいなければ売ればいいけれど、

お墓は売るわけにはいきません。

お墓をどうするかという問題は、皆にとって「明日の我が身」なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ