土葬の場合の遺骨

土葬の遺骨

明治、大正、昭和の初期ぐらいまでのお墓は、

土葬の場合が多く、墓石には納骨室がありません。

墓石を撤去しても当然、骨壷は出てきませんので、

地面の下を掘って遺骨の収集をすることになります。

掘ってみないと遺骨が出てくるかどうか分かりませんし、

どれくらいの深さまで掘れば出てくるのかも分かりません。

大体は、1.5メートルから2メートル位まで掘る

ことになります。

写真のお墓では1.5メートル位の深さで遺骨が出てきました。

遺骨が出てくるまではユンボで掘り、

出てきた時点で慎重に手作業の収集になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ