土葬のお墓の墓じまい

土葬の墓じまい

土葬のお墓の墓じまいは、

土を掘り起こして遺骨を収集します。

重機が入る所であればユンボを使いますが、

重機が入らない所であれば手作業になってしまい、

スコップで掘るということになります。

掘る深さとしては、大体1.5~2メートルの深さで、

霊園によって規定がある所とない所があり、

例えば青山霊園では1.8メートルまでとかいう規定がありました。

手作業で掘るということになりますと、大変な作業で、

2メートルぐらいの深さでは、穴の中で掘る人と、

ロープの付いたバケツに土を入れて、バケツを上げ下げする人が

になります。

人力作業では金額が高めになってしまうのは、

ある程度仕方ありません。

土葬が主流の時代には、人が亡くなると、

専門の穴掘り人夫がいて、亡き人を埋葬するための穴を

掘っていたものでしたが、大変な重労働だったと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ